[ネタバレ] 箱庭成分の強いファンタジー 伏瀬(原作)、川上泰樹(画)「転生したらスライムだった件 5巻」あらすじと感想

 

こちらの作品、もともとはラノベ原作で大人気につきコミカライズされたとのことですが、

ラノベはおろか、小説もほとんど読んでいない私にとってはとてもありがたいものですね。

基本はファンタジーですが、いわゆる「なろう系」に分類されるもので、主人公はこちらの

世界で一般人やってたのが異世界に飛ばされて~というもの。

異世界に飛んじゃう系って最近増えてきているようで、前期でみた「異世界食堂」

↑このドワーフのおっさん達の食事シーン好きでした

とか、「転生したらヤムチャだった件」とか

↑こっちはタイトルからしてパロディ×パロディっぽいですが(笑)

結構おもしろいものも多いです。複雑な形だけど「ドリフターズ」も入るんですかね?

例はさておき、この作品も先駆けのひとつで、スライムとしてこの世界に飛ばされてきていま

す。なので最初からピンチ気味ですが、特殊な能力のおかげでむしろ主人公最強系の漫画

になるのがこの作品の好きなポイントのひとつです。

この巻では作中トップクラスの姿になる敵が出てきますが、主人公めちゃくちゃ強い。という

か応用力がすごいのがいいですね。能力がえぐいという点では「ラッキーマン」にも近いかも

しれません(笑)

そしてもうひとつ好きなポイントは、タイトルにもあるように箱庭的に町も育てていく点で

す。最初はゴブリンの集落を救って、そこに秩序を与えていくところからはじまりますが、

徐々に種族も増えてきて、役割も細分化されながら発展していくところはワクワクします。

その様子を見ていると大昔やったこのゲームを思い出します。

知ってる人はいるのでしょうか?(笑)

そんな感じでこの巻でも、さらに新たな種族が加わって物凄い規模に発展します。

主人公リムルは新しい住民を加えるたびに、住民に名付けをして名前を得ることで彼らを

キレイな姿にしていくのですが、今回の規模はおそろしい・・。

今後も新たに種族を加えていくことになるのでしょうが、どういう種族が入ってどういう役割

を与えられるか、本筋以上に楽しみにしているのは私だけかもしれません。

 

あと鬼人組みたく豚頭たちも↓このくらいキレイになると期待してましたが、そこまで代わり

ませんでした(笑)

 

6巻の感想

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました