スポンサーリンク

[ネタバレ]春高バレーと共に田中にも春が来た? 古舘春一「ハイキュー!! 28巻 」あらすじと感想

未分類
スポンサーリンク

全国大会、なんとか1回戦をものにした烏野ですが、2回戦の前に

2つの出来事をハサミます。

1つは、ライバル校たちの1回線の模様、そう、梟谷と音駒です。

 

両チームとも想定内の内容です。粘り強く拾いまくる音駒と、エースに振り回されながらも

上手くノセる梟谷。

それにしても梟谷、私はこれまでそこそこの数の部活漫画を見てきているつもりですが、

エースの調子の波の乱高下をここまで普通に受け入れてるチームって、

初めて見た気がします。かといって王様でもなく、依存してるわけでもなく。

まぁ木兎はある意味、赤葦に依存してるのかもしれませんが(笑)

それがこのコマにも現れている気がしました。

 

 

1日目の夜の描写ですが、

変に研究とかさせず、とにかく調子を万全にすることが求められる木兎と

その分、前日も布団の中で相手を分析しまくる赤葦の対比。

このチームの関係性、すごく好きです。

 

スポンサーリンク

 

そしてもう一つのポイントで、清子さんに決して返ってくることのないサーブを打ち続ける

田中が、幼馴染の子と良い感じな場面があります。結果的に残念な感じに流れますが、作中で

ちゃっかり一番進んでる感のある澤村に続いて、田中にも進んで欲しいです。叶歌ちゃんめっ

ちゃ可愛いですしね。

 

バボちゃんのキーホルダー?もカワイイ

まぁそうなると西谷の孤独な戦いになってしまいますが・・。

 

あと1日目にはもう一人の小さな巨人(2年)も登場しますが、ここの場面での、

最後の半ページ使った日向の表情がいいですね。ニコニコ笑顔ってわけでもなく、

なにか掴んだなって感じの。このきっかけの小さな巨人先輩のインタビューの

回答もいいです。

 

そしていよいよ2日目。相手はなんとIH準優勝校ということで、ジャンプ漫画の球技は

序盤で優勝候補と当たらないといけない縛りでもあるのでしょうか、勝てば悲願の全国大会で

の「ゴミ捨て場の決戦」なので、大事な一線の前に遥か格上とのマッチがきました。

 

相手には影山がユースで共に練習をした宮がいるところです。

その宮には双子の弟がいることが発覚。身長一緒で髪の分け方はお互い真逆。

毎朝2人で鏡の前で揃えてるに違いありません。

そんな彼は結構挑発してくるドS系キャラなので、サーブの時に勝手に掛け声をかける

女子2人組に対して

 

 

と、テニプリ中期の跡部様も納得の、ドM女子への視線サービスを送ってくれます。

女性にも容赦ない分、青葉城西の大王様より怖い人かもしれません。

 

かと思いきや日向のブロードを見て、似たような顔の向きと構図で

これです。なかなか掴みどころのない人です。

 

こんなかんなで試合が進んでいき、まだ山場など迎える前にこの巻は終了。

次の巻ではおそらく決まらず、30巻辺りで決着でしょうか。

他校の小さな巨人の姿を見て日向がどう変わるか、叶歌ちゃんとフラグ立った田中の活躍はあ

るか、双子がどう仕掛けてくるかなどがポイントになっていきそうです。

 

29巻感想へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました