[おすすめドラ]1話にしてこの濃さ。ドラえもん名エピソード その1「未来の国からはるばると」

色々な漫画を紹介していくにあたって、どうしても外せないのが

この漫画

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもんです。

アニメでは新ドラに変わっても変わらずの大人気で、その時代その時代

に合わせて少しずつ形を変えているこの作品ですが、

私が特に好きなのが初期ドラ。20巻くらいまでですかね。

ギャグ色、コミカル色が特に強く、

ドラえもんの迷言の多く

「やろう、ぶっころしてやる」

「きみはじつにばかだな」

「ことしは、計画的になまけていたんだ。」

などは、この時代から生まれています。

セリフ自体は独り歩きして有名だったりしますが、意外と

このあたりの原作を読んでいる人って多くない気がします。

今でも十分通用する面白さなので、

そんな時代の中から色んなエピソードを紹介していきたいと思います。

初回はやっぱり第1話。

のび太が自分の部屋でのんびりしてる場面からスタートしますが、

幸せそうです。

初期ののび太って凄くのんびりしてて、楽天的なんですよね。

中期以降は、ドラえもんの道具に慣れてきたせいか、悪知恵を働かせる

ためか、結構頭の回転が早くなっててイメージ変わります。

こんなのび太のもとに

いきなりなんか来ます。記念すべきドラえもんの初登場シーン。

からの

この暴言

いきなり机の引き出しから出てきてこれですよ。

しかもこの表情で。

1話の3ページ目からもうこの調子です。

この直後、ドラえもんはのび太の餅を無断で食って退散します。

のび太が現実逃避してると、直後にセワシが登場しますが、

このシーン、よくみてください。

注目すべきはセワシのセリフではなく、全コマののび太。

のび太完全フリーズ

実に8コマに渡って全く同じ表情・角度のままのび太の機能が停止しています。

現実に片方がペラペラ喋ってるのに、この顔で硬直してるシーンを想像したら

どれだけ面白いことになってるか分かると思います。

まぁ突拍子もないところから何だか分からん奴らが表れた上に

2人して自分に罵声を浴びせるのだから無理もありませんが。

これは初期ドラえもんの魅力の一つでもあり、普通は話している人

アクションしている人に目がいきがちなんですが、このとき聞いてる側が絶妙な

表情やリアクションをしていることが初期ドラには結構多いです。

例えば16巻の宇宙ターザン回では、

ドラえもんのこの表情です。

関心とかの次元を超えて無の境地です。

寝たふりをしようという意思すらない。すべてを受け入れ、そして受け流す。

こういった面白さの一片が1話から出ています。

次にセワシとドラえもんが、未来ののび太について語り始めます。

「ジャイ子」と結婚しているという事実を伝え、それに納得しない

のび太に証拠としてアルバムを見せるのですが、

結構幸せそうじゃん。

普通に子沢山だし、これはこれで良さそうな気もしますが、

それによって、のび太は莫大な借金を抱え、それがセワシ達の代にまで

影響を与えてしまっているとのこと。

未来の話で現在の自分には関係ないようなことなのに

泣きながら子孫に謝罪をするのび太の優しさにホロリとさせられます。

この優しさが、後の超名作「のび太の結婚前夜」のしずちゃんパパの

名言につながるかと思うと。いや本当に。

この辺りの本質の変わらなさも良いですね。

初期は結構暴力的でイケイケなしずちゃんも1話では、首吊り状態ののび太

を気遣ってたりしますし。

話は戻って、未来にまで悪影響が出たのび太を変えるために

2人は来たと話しますが当然、のび太は

「過去が変わったら、君たちも消えてしまうんじゃ?」

という疑問を持ちます。

それに対してのセワシのアンサーがこれです。

え?

どうやらどうあがいてもセワシは生まれるようです。

のび太の息子ののび助は一人っ子のはずなので、写真に写ってた他の5人

がどこに消えたのかとか考えてはいけません。

といったところで、冒頭の扉絵の道具が登場してオチが付いて

1話は終わります。

1話だったので、やたら説明だらけになりましたが、次回以降を書く時は

もっと簡潔に内容を伝えていきたいと思います。

エピソードその2へ