スポンサーリンク

[ネタバレ]炎上アイドルの最先端はこれだ!「 蟻の王 7巻」あらすじと感想

作者ア行
スポンサーリンク

 グラップラー龍太郎

幼馴染であった星之介を殺した龍太郎ですが、この人のパートは段々ノリが刃牙っぽくなって

きてます。

この巻では、星之介の父が、真犯人が龍太郎であると見抜いた上で

 

「奪え!私から全てを奪え!」

 

「私の一人娘を抱け!犯せ!孕ませろ!」

 

と全方位的に無茶苦茶な要求を突きつけてきました。

 

もうこの人を思い出します。

その後も、龍太郎の妹・静流がマツコ・デラックスみたいな芸能事務所の社長と

場外乱闘を繰り広げて、最後はトロフィーを顔面に叩きつけたり・・。

メチャクチャな一家です、この人達。

 

スポンサーリンク

 

 亜久里Pとア○ドルマスター

一方、主人公・亜久里一味は、なんとか龍太郎の出るであろう、年末の音楽番組に

乗り込もうと、色々策を考えますが、結局アイドルグループ作って出場させてドサクサに

紛れて全員で突撃するという結論に。

もっと他にあるんでは・・。

メンバーは、ミハルは勿論、有栖原やナズナ、枕田と、色々ツッコミどころのある面子。

片腕が義手の暗殺力に長けたエージェントや、連続殺人鬼でそもそもオンナじゃないのまで

いるという前代未聞のアイドルの誕生です。

 

 新世代炎上売名スタイル

しかしアイドルグループは組んだものの、短期間で音楽番組に出られるところまで知名度を

上げないといけない。

 

ということで亜久里が選んだ方法は

 

テロリスト(扱い)してる自分がテレビ局を襲撃し、そこでたまたま来ていた(設定の)

アイドルグループに無理やり余興として歌わせるという方法です。

 

ところが亜久里がすんなり計画通りにやるはずもなく、

音楽イベントの会場に行くことと、龍太郎への宣戦布告までしてしまいます。

 

それでも何とかミハルが歌い出すと

切り替わって道路いっぱいに救急車が何十台も走ってくるという異様な光景。

そしてその救急車は

 

 

おっさんの詰め合わせでした。

 

といったところで、ミハルが上手く歌うことが出来たか、

どうやって、救急車とおっさんで周りを囲まれたテレビ局を脱出するのか

謎を次巻へ託して7巻は終了です。

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

前の巻辺りから、表現のぶっ飛び方が1ランク上がった感じで、

冒頭の星之介の父親の発言や、静流の行動などにつながってます。

そのせいか、元々ぶっ飛んでた亜久里の行動も、相対的にそこまで驚きなく

受け入れられるようになってきました。

 

本編に関わる内容だと、当日いきなり決行するはずだった計画も、

亜久里が全部カメラの前で言ってしまったことでパーに。

さらに、自分が星之介を殺したと(違うのに)認めてしまったせいで

龍太郎に怒りが向いていた、星之介の護衛イワンも、全力で亜久里達に

攻撃を仕掛けてくるようになるでしょう。

 

更に前途多難となってしまった乗り込み作戦、次巻でどうなるか見ものです。

 

6巻感想へ

8巻感想へ

 

スポンサーリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました