[ネタバレ]十戒オフ会0人でも強気!魔神王の三男坊は元気に育ってます「鈴木央/七つの大罪 29巻」あらすじと感想

エスカノールVS魔人メリオダス

魔人の力の本格化で、あのエスカノールを圧倒するメリオダス。

闘級も142,000と桁違い。

しかし、エスカノールもまだ、全開ではなく、正午より1分間だけ、

ピークに達する「天上天下唯我独尊」を発動します。

ちなみにこれ、「ザ・ワン」と読みます。ハコワレとは読みません。

ザ・ワンを発動したエスカノールには、魔人メリオダスですら

傷もつけられず、敗北。

なんとかメリオダスを止めることに成功します。

しかし、エスカノールは倒したメリオダス以上に深刻なダメージ。

メリオダスも治癒していくので、パーフェクトキューブに閉じ込めるので

精一杯。元に戻す方法も分かっていません。

一方、アーサーは生き残った国民を地下に隠し、キャメロット奪還のタイミング待ち。

そこにななしが戻り、アーサーは1人でキャメロットへ行くことを決めます。

そこには、数々のRPGで聞き慣れた名前の聖剣、エクスカリバーがあり、それが

取り戻せれば何とかなるそうです。

そんなエクスカリバーを、抜こうとしても全然抜けない、キャメロットに滞在するゼルドリス

の元に、パパンからお告げが。
「魔神王が目覚める」

それはパパン自身のことではなく、メリオダスを指す言葉で、ゼルドリスにメリオダス

奪還の命がくだされます。

ぼっちでも頑張ります!

奪還のため、十戒へ招集命令を出すゼルドリスですが、

応じたのは、まさかの0人

オフ会0人状態ということで、動揺するかと思ったら

魔神王様、息子はたくましく育っていますよ。

しかし、彼の残念な姿を見かねた2人が飛び出します。

屈むと鼻血出してるようにしか見えない、ゼルドリスの師匠・キューザック

メリオダスの師匠、チャンドラーです。

メリオダスの奪還にはチャンドラーが向かいますが、

エスタロッサとはまた違いますが、


彼も割とヤバイ感じでした。

しかし、実力は本物で、いきなり七つの大罪達の前に現れ、マーリンの魔法を解き、

ディアンヌは小さくされ、ゴウセルは攻撃出来ないようにされてしまいます。

メリオダスにフルカウンターを教えた張本人でもあるため、大苦戦しますが、

ホークの活躍もあり(本当に)、1人相手にエスカノール抜きの総力戦で、

なんとか撃退。

安堵するも、魔人族とラスボス特有の、これからが本番ですよモードに入り、復活。

キングも「次元が違いすぎる」と死を覚悟したところで

十戒を正式に脱退したグロキシニアとドロールが登場して終了!

感想

エスカノールが強すぎる・・。本領発揮したメリオダスですら勝てないってことは

闘級は最低でも15万以上はあるってことですよね。1分間だけですが。

ただ、これは後に魔神王になってしまったメリオダスに、エスカノールが負ける布石にも

なってるんじゃないかと、少し不安になります。

それからアーサーは今のところ、全然本領発揮した場面が出てきていませんが、どのタイミン

グでくるのでしょう。ゼルドリスと戦うのかと思いきや、新参が2人現れ、エスタロッサも意

識を取り戻し、また見えなくなってきました。

ここまで引っ張ったということは、大きな戦果を期待したいです。

バンがもはや足手まとい扱いされたり、大罪側が出し尽くしてる感が迫っていますが、どう

対抗していくのでしょう。元十戒2人が参戦してくれましたが、今のままでは魔神王メリオダ

スどころか、ほかの現在残ってる敵にも勝てなそうです。

特に劣ってるバンを中心に、パワーアップしてまた互角の戦いを見せてほしいですね。