スポンサーリンク

[ネタバレ]シリアスなストーリーもグラシュロス語で台無し「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 2巻」あらすじと感想

冒険
スポンサーリンク

前巻の感想へ

前巻では、集落を巨大マンモスに破壊され、父親も

失ってしまった、主人公のアクウ

2巻のあらすじ

父親を失ったアクウは、父の遺体を背負って家に戻りますが、そこには亡くなった母と

倒壊した家があっただけ。結局生き残ったのはアクウと、イーピンの2人だけ。

2人は衣食住のために別の集落を探すことにしますが、いきなりはぐれます。アクウは

途中食料も水もなく、行き倒れそうなところを助けてもらった女の子シュリ

その弟シュラヴァと合流します。

ちょっと歩くと若者の招きもあり、集落に入れてもらえることに。

しかし、その集落は、年寄りを奴隷として若者が好き放題、酒池肉林するところ

だったため、脱出を決意。

 

ところが見つかってしまい、シュリがやられます。これに激昂したアクウが

我を失い大暴れ。諌めようとしたシュリまで殺してしまい、逃走。

それから約3年後、大きな集落がそれぞれの主義・主張によって分かれた

小さな集落の中に、シュラヴァ、そしてイーピンの姿が。

2人はそれぞれ、武力主義の集落と、女性至上主義の集落にいました。

その両集落の近く、巨大なサイにまたがった青年が現れ

「グラシュ、知ってる?」

と訪ねます。その話を聞いたシュラヴァとイーピンは、瞬時にそれがアクウだと

気付くのでした。

 

スポンサーリンク

 

グラシュロス語

以上、あらすじだけ書くと、とてもしっかりしたストーリーがあるのですが、

いかんせん、出て来る独特の言語が・・

ワチャネム?(君の名は?)

ここはまだ許容範囲でしたが、

イベサ(ウェーイな若者のだけの集落)

ここでかなり危なくなり、

 

ここで決壊しました。腹筋も

 

ヤリサ(快楽の為に他人を犠牲にする集落)

ってどんだけたった三文字に深い意味込められてんだよ!

これ以外にも

 

アルコールを摂取する時の掛け声 → エッケ!エッケ!

暴走アクウが攻撃する時の掛け声 → マ・カンコウ・サッポウ!(3段攻撃)

→ マ・センコウ!

→ ロウ・ガ・フーフー・ケン!

→ カメ・ハメ・ハ

アクウ勝利の雄叫び       → エンダアアアアア、イヤアアア

集落の大公開討議        → アーサ・ナーマ

精霊信仰の集落名        → ウサンクサ

 

これでもごく一部です。しかも最後には

次巻予告ですら、このありさまです。わけがわからないよ。

まとめ

1巻呼んでた頃は、この言語そんなに違和感なかったんですが、この巻ではシナリオに

集中出来なくなりました(笑)

イベサに立ち寄る時に、集落のリーダー的存在が「ウェーイ」って拳を突き出してきた時点で

雲行きはかなり怪しくなりましたが、ここまでとは・・。

本筋自体は、アクウがかなり闇落ちしてますが、見る限り独りでずっと狩りをしながら

巨大マンモス(グラシュ)を探していたんでしょう。

漫画タイトルの通り、親の敵であるグラシュを殺すことがアクウの目的となっていきそう

です。

そして、次巻もさらに語録が増えそうなので、それをどう上手く使うのか楽しみです。

 

3巻の感想へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました