[ネタバレ]最後まで折れない田中、最後まで止めない研磨「古舘春一/ハイキュー!!30巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

窮地の田中とその過去

山口の活躍もあり、遂に強豪・稲荷崎相手にリードする烏野。それぞれの活躍が光る中で、

田中だけが思うようにやれません。当然のようにサーブで狙われ、それを西谷にフォローされ、

月島には自分よりも難しい位置の東峰にトスを上げられ、

ここぞというトスが上がっても、失敗。

観客の中にも、こうなるとメンタル的にも何をやっても駄目ってなるから

代えたほうが良いんじゃないかという声まで聞こえ始めます。

しかしチームメイトは

「大丈夫だ、田中だし」

これはあいつ脳天気だから、という意味合いではありませんでした。

ここで回想が入り、田中1年の時。

坊主オブザイヤーな田中は、実は入部の頃は金髪でした。

部も自分が期待していたような実力もなければ、真剣さも

ないように感じる日々でした。ある日、練習試合の相手校に

ナメた発言をされた時、キレそうになった田中を諌めた、

1個上の澤村・菅原・東峰の、軽口を叩きながらも全然目が

笑ってない姿を見て、ほかの1個年上なだけの先輩とは違う

と感じた田中は、その翌日から気持ちを入れ直し、今の坊主に

したのでした。

田中は2年で唯一、犬飼コーチの厳しい練習にドロップせず、

ずっと食らいついていった男。そういう姿勢を見てきたからこそ、

仲間は田中は大丈夫、と発言したのかもしれません。

その試合、何度外しても、ミスしても、味方に声をかけ続け、トスを

要求し続けます。

そしてセットポイント。澤村がレシーブしたボールが影山に渡り、影山がチラッと

田中の方を向く。その刹那、田中の脳裏には

「俺は普通の人間だと思う 体格とか能力とか バレー部の中で現時点で俺が

一番である部分はない。それが何かを諦める理由はならないし、言い訳にもならない

でも半年に1回くらい限りなくメンタルがマイナス寄りになった時に思う

自分は平凡なんだと」

「ところで平凡な俺よ 下を向いている暇は あるのか」

田中は再び叫びます。「レェエフトオオオオ!!!!」

不敵に笑った影山の挙げたトスは田中へ。

27-25

田中の強烈なインナークロスが決まり、烏野がセット先取!

 音駒VS早流川、師弟対決

一方その頃Cコートでは、音駒の2回戦がスタート。相手は猫又監督の教え子です。

当然恩師同様に、粘り強い守備が持ち味の早流川に、音駒はかなり時間をかけた戦いを

強いられます。狙いは攻撃の中核ともいえる研磨を疲れさせること。

ここで今度は研磨の回想。

1年の頃から、厳しい練習嫌いで、根性とかの精神論が大嫌いだった研磨。正反対に

何でも、気合とかやる気で解決しようとする猛虎。

研磨にとって、根性は、「精神と体力を鍛えてきた者が満を持して発動できるもの」

「おれには使えない必殺技」でした。

しかし猛虎に言わせれば、何だかんだ文句言おうが、誰が見てようが見てまいが、

だいたい最後までやるのが研磨。

セットカウント1-0で、迎えた第2セットは28-28と、もつれにもつれた最終局面、

最後に試合を決めたのは、必殺技を使えないはずの研磨の、全てを絞り出したようなセットア

ップで[ad][ad]した。

セットカウント2-0。音駒は3回戦に進出を決めました。

黒尾は心の中で投げかけます。

「おい烏野 来たぞ 俺達は来たぞ」

再び烏野VS稲荷崎に戻り、2セット目はカウント15-7とダブルスコア状態。

宮に西谷が集中攻撃を受ける展開で、終了。

 感想

ようやく田中が日の目を見ました(涙)。彼の、浅そうで深いムードメーカーとしての根源

が少し見えたような気がします。平凡である自分にメンタルで負けそうになっても、凹んでる

自分と押せ押せの自分、どっちがカッコイイかで、瞬時に押せ押せの自分を選んで、落ちた

あとは上がるだけ、と笑い飛ばす田中に、月島すら脱帽するシーンはグッときました。

西谷と日向も、相当プラス寄りの存在ですが、田中はその中でもまた特別な存在だと

感じました。

次に研磨の掘り下げがここで来たのは面白いですね。ほかのメンバーの活躍場面も最小に

絞ってる辺り(リエーフとかほぼ空気状態)、ゴミ捨て場決戦への布石なのだと思います。

田中が再生し、これまでチームのウィークポイントとならなかった西谷が、初めて狙われる

展開で、 どう克服するのか、これが次巻の最大の見所になりそうです。

西谷の回想も入りそうですが、なんとか31巻で稲荷崎戦は完結するのではと予想します。

31巻感想へ