[おすすめ漫画] お茶の歴史を変えた男の実話「秋月カイネ/Fの密命 1巻」あらすじと感想

「Fの密命」の画像検索結果

Fの密命は、WEBコミックアクションで連載中の作品です。

作者の秋月カイネ先生は、「新婚さんいらっしゃい!」のコミカライズ(!?)なども

されている方で、自身のブログで、Fの密命の表紙作成手順の動画など公開されている

ので興味ある方は見てみると面白いと思います。

あらすじと登場人物

あらすじ

中国から、「茶のすべて」を盗み出す――。19世紀に実在したイギリスのスパイ・「F」の物語――。
イギリス、インド、中国による、三角貿易の時代。イギリスでは紅茶を飲む習慣が広まり、大量の茶葉を必要としていた。
しかし紅茶は高額で、輸入先である中国との貿易赤字は、膨らむばかり。自ら茶を栽培したいイギリスだが、中国は茶の製法を決して明かさない。正攻法では茶を自主栽培出来ないと判断したイギリスは、中国から、チャノキの苗、種、職人、道具…「茶のすべて」を盗み出すことを決意。そして、ある園芸家の青年に、白羽の矢を立てる――。

 

登場人物

ロバート・フォーチュン・・・この作品の主人公。園芸家をしているが貧しい出の労働階級

であるせいで、貴族階級に虐げられている。植物の知識が広く、東インド会社より

密命を受ける

ローリントン卿・・・東インド会社の多分偉い人。中国との貿易摩擦を危惧し、

フォーチュンを中国に派遣する。

ワン・・・中国人。茶農家の出身だが、理由あって大金を手にするために

茶の栽培地へフォーチュンを案内する。

 

 

茶と歴史

アヘン戦争後まもなくの英国、および中国(清)が舞台の作品です。

主人公フォーチュンは実在した人物で、今回の出来事も実際の出来事です。

実際のフォーチュン氏

 

背景は複雑ですが、実際はとても簡単な話で、

 

紅茶がイギリスで大人気→中国が製法を国家機密にしてて、100%全て中国からの輸入。

→中国側が値段を釣り上げていっても、他に入手方法がない→貿易赤字

→じゃあ英国で作ればいいじゃない!

→でも中国が教えてくれるかなー?無理じゃない?

→というわけで種とか苗木とか製法とかまるっと盗んできてよ

というお話です(雑)

 

意外と目にすることのない、この時代の中国の内部事情や、文化が見られるのが

まず面白いです。

そもそも、150年前にこの髪型が通常になっていた事自体も、

文化の変わりようって興味深いなと感じます。

 

 

まとめ

ストーリー自体は結構ハラハラして緊迫感があります。

なにせ主人公死んだら即戦争、手土産なしでも切り捨てられるという

背水の陣で、ただひとり中国人のフリした英国人が乗り込んでいくのですから。

 

 

昔、中国に旅行いったときに、色々なところでお茶を口にしましたが、味から注ぎ方から

食べ合わせから多彩も多彩で、驚いた記憶があります。

この巻を読んで、そういった中国のお茶の歴史を見て、また飲んでみたくなりましたね。

次の巻ではより、危険な状況に追い込まれていく可能性が高いので、どういった結末を

迎えるのか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました