[ネタバレ]最悪の結末。そして特質系能力者・家久「宮下英樹 / センゴク権兵衛 10巻」あらすじと感想

 次々と・・

長宗我部親子の活躍もあり、なんとか踏みとどまっていた豊臣軍でしたが、

島津家久が覚醒。

というか念能力に目覚めます。

突然、視界に戦の全体図を捉え、

「将は何処」

と唱えると、豊臣軍の主だった武将全員の位置を把握します。

!?

「そこか」じゃないですよ。凄いサッカー選手は、俯瞰でピッチが見えるとかそういうのも

あるし、勿論この場面もそのままではなく、その一帯を取り巻く空気感とかから、敵将が

いることを、野生の勘も交えて察知してるものだと思いますが、急にこの表現法は

驚きました。

唐突な超能力バトルに、当然権兵衛たちはついていけるはずもなく、

見事なまでのピンポイント撃破で、次々と味方が倒れていきます。

多分この人と同じタイプの発を使ったんでしょう。

その事態に、権兵衛は大混乱。元親が自ら「撤退せよ」と告げに来ても

迷っている状態で、結局元親の命で撤退が決まります。

そして奮戦むなしく、「権兵衛オトコ」と呼び続けた十河存保も討死。

その遺体は悲惨すぎる末路に・・。

次に狙われたのは信親。土佐勢が狙われてると聞き、田宮某くんは撤退を無視して

信親を救けに向かいます。

無事合流するも、田宮は落馬。薄れ行く意識の中で、士官してからの1年を振り返り、

かずらを思い出し討死。

権兵衛編序盤で、主役級の動きをしていた田宮は、ここであっけなく散ってしまいました。

信親も、長宗我部兵と共に、最後の最後まで一歩も引かずに戦い続けるも、力尽き討死。

権兵衛の勇み足は、最悪な結末を迎えようとしていました。

三国一の臆病者

撤退か十河の援護で迷い、撤退か田宮の救援で迷い、とにかく混乱し続けた権兵衛は、

家来の、「混乱している軍を整えましょう」との提案も無視して。

とにかく逃げることを命令。大名にあるまじき判断をしながら、

途中本能を発揮して、元親と共に家久本陣挟撃したかと思ったらすぐ逃走。

家久を呆れさせる醜態を晒しながら、権兵衛達は何とか逃げ延びます。

自身の大失態を振り返りながら権兵衛は、

「奴らの死と引き換えにしてまで生き残る値打もあるんか ワシャあ」

「ワシャあ ちっとも成長しとらん・・」

金崎の撤退戦や、小谷城の虎口、そして女の取り合いと、何度もギリギリの

場面を切り抜けてきた権兵衛ですが、今回ばかりは失ったものが多く、

消沈してしまいました。

まとめ

正直、ちょっと残念な10巻でした。

これまで、毛利元就や武田四天王など、実力者はとても上手く描かれていたのですが、

家久をあそこまで、超能力者のようにしたのはどうなのでしょうか(笑)

そしてそこまでにするなら、権兵衛をもっと情けなく描いてほしかったです。

得体の知れない神業を駆使する家久に対して、あからさまに怯えて逃げ惑うくらい

やらないと、この戦での権兵衛の大失態は、リアル感がないように感じました。

それでも、こうやって画にされると、歴史ファンで、仙石アンチな人が多いというのも

うなずける事態だったことに納得せざるを得ません(笑)

ただ、某くんと信親の描写はとても良かったです。第一印象最悪だった信親に対して、

最後は命を賭けて助けに行く生き様。そして信親も、途中の部下との口喧嘩が凄く良くて、

口語に直すと

信親「俺は逃げないぞ!!」

家来「いいから黙って早く逃げろよ!」

信親「!!」

家来「俺はずっとあんたを羨んできたし、寝首かこうとも思ってた」

「いや、寝首かかなくても、戦になったら逃げると思ってた」

「でもあんたは立派な大将だった!心の底から生き延びて欲しいと思った!」

「だから逃げてください!!」

っていうやり取り。

ここが信親のラストの、3割死んだら軍として壊滅するのが普通なのに、

7割もの兵が最期まで信親に従ったというところにつながるのが良かったです。

いずれにせよ、表題ともいえる「最も失敗し、挽回した男」の「最も失敗」が終了しました。

個人的に明智の本能寺への流れも凄く好きだったので、

これからどう挽回していくのか、ここからが本番だと思うので、凄く楽しみです。

11巻の感想へ