[ネタバレ]ウサギさんと縮まる距離。裏市ではパンダさんに会ったよ「板垣巴留/BEASTARS ビースターズ 3巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 ”あの子”と再会

レゴシとビルの舞台上乱闘は、ルイが上手くおさめて、結果的に舞台も成功した事から

大きな処分はありませんでした。

レゴシは廊下でハルちゃんと再会しますが、何を喋ったらいいか分からず沈黙。

ハルちゃんは、多少興味を持ちつつ、あまりの体格差と草食と肉食

という隔たりで遠ざけようとしますが、靴の留め具を直すのを手伝うため、

レゴシがしゃがんだことで、初めて見下ろす側、見下される側がなくなって

距離が少し縮まります。

といっても、その前にある人とすでに物凄く近い距離にいた

ハルちゃんでしたが・・。

 裏市

「隕石祭」というイベントのための買い出しをすることになった演劇部肉食一同。

ルイがあからさまな前振りをしたせい

「裏市」に迷い込みます。

そこで衝撃的なことがあり、レゴシは他の肉食部員達の行動に嫌悪感を

覚えて離脱。

するも、肉食の本能に抗うのが精一杯で、気を失い目を覚ますと

上野動物園に絶対いないタイプのパンダが立ってました。

この人は、ヤクザではなく、心療内科医だそうで、

レゴシの内情をあっさり見破ります。

ハルちゃんに対してレゴシが抱いている感情、医者曰くそれは

狩猟本能が変形した恋愛感情

とのこと。理性では好き、でも本能では食べたい。

レゴシはそれを否定しますが、かといって自信を持っての否定ではありません。

そこで医者の処方は

斜め上の薬でした。

答えが出ないまま、レゴシは裏市を後にします。

まとめ

裏市のインパクトが凄かったですね。

市の入り口から、ある種のグロシーンが登場して、本能に負けた肉食達の末路。

狩猟本能が変形した恋愛感情という、人間界で耳にすることのなさそうな言葉。

この作品は、本当にまるでこの世界が存在するかのように、理性を持った動物たちの世界を

リアルに描けていると思います。

そしてもうひとり新キャラが出て、

レゴシと同じハイイロオオカミのジュノちゃん。

ハイイロオオカミは、おとなしい性格の人しかおらんのか?

と思ってしまう感じですが、どうやらレゴシが気になってるようです。

まさかレゴシが肉食どころか、ビッチのウサギが気になってるとは思わないでしょう。

彼女も本編に深く関わってくるのでしょうか。

オマケ

途中で本編と関係ない、レゴムというレゴシの隣の席の、ニワトリの生徒の話が出ま

すが、これが面白い!

ちょっとしたギャグとほっこり良い話ですが、こういうのはもっと挟んでいってほしい

です。

4巻感想へ