[ネタバレ]現実とは異なる大逆襲を見せるか?夏の大会に向かうDL「なきぼくろ/バトルスタディーズ 14巻」あらすじと感想

前巻のあらすじへ

 新チーム本格始動!しかし・・

謹慎期間も解け、ようやく本格的に体外試合もスタートしたDL。

春季大会の大坂予選でも、圧勝に連勝で順調に進みますが、準決勝の大坂快苑に

コールド負け。

実戦から遠のいた差が大きく出てしまいます。

ここで印象的だったのが、努めて明るく振る舞う狩野。

なんか前向きを通り越して、無理してる気すらしてくるのが、

気になるところです。

主将になってからの狩野は、色んな感情をあまり出さず、強気・楽観・ポジティブで

通します。でもよく考えたら先代の烏丸も、本来はもっと明るそうですし、引き継いだ

狩野もそういう風に考えてるのかも知れません。

 早実との運命の練習試合

課題の見えたDLは、夏の大会に向けて、更に練習に力を入れます。

練習も、スキャンダル前とは大きく変わり、新しい狩野流の練習に変わっています。

しかし、そこでまたしても悪い知らせが。

檜の退部願。

新体制になって狩野がキャッチャーをやらなくなり、自身の登板機会も激減した

ため、中退してメジャー挑戦するとのこと。

狩野は直接止めはしませんが、最期に1回俺にお前の球を受けさせてくれ、と

早実との練習試合の登板を約束。

先輩たちには、檜はこの先必要な存在になる、仲間からは嫌われているが、この試合で

なんとかしたいと伝え、了承を得ます。

狩野的には、引き止めはしないものの、DLのために檜の力は必要なので、自分の意志で

残るように仕向けようとしてるんですね。

檜躍動、狩野暗躍

そしていよいよ早実戦がスタート。

先々巻に出てた、横浜と並んで濃いキャラがいた早実の人達は健在。

5回パーフェクトと最高のスタートを切った檜ですが、

相手に「メンタルは5歳児」と見抜かれており、徐々に綻びが見えてきます。

更に狩野がダメ押しで、檜のピッチングの癖を相手にこっそり教えて、あっさり3失点。

檜を主力として成長させるための狩野の策のようですが、ここらへんの狡猾さは

以前の狩野健在でした。

その後8回、相手投手をよく知る都築を代打で送ったことで、1点差にまで縮まり、

2アウトでランナー3塁の状態で迎えたバッターは狩野。

狩野は「ケンカは自分より強い子に売り!」と、ホームラン予告をするのでした。

まとめ

ずっと不穏さが漂っていた前巻とは違い、だいぶ元のバトルスタディーズっぽくなりました。

ですが、依然状況は思わしくなく、格下には圧勝出来ても、強豪相手には惨敗と、かなり差が

あります。新入部員もたった4人で、部の層としても問題あり。

練習試合とはいえ、早実相手にいい勝負をしてるので、ここから好転していってもらいたいで

すね。それから、狩野の同級生組も、地獄の寮生活では個性発揮して、盛り上げてくれたので

もっと試合でも目立って欲しいです。

あと、この巻で何気に3年達(4人)の進路がわかったのが嬉しかったです。

頭のせいが大きいですが、お立ち台の烏丸は、まったくルーキーに見えませんでした(笑)

15巻へ