[ネタバレ]裸大戦から一転、いよいよ網走でのっぺら坊と対面?「野田サトル/ゴールデンカムイ 13巻」あらすじと感想

前巻のあらすじ

 裸の突き合い

前巻では、おっさんがクマとドッキングしたり、女子禁制のぶつかり稽古

始まったり、メチャクチャなストーリーでしたが、13巻では一気にストーリーが進みます。

とはいえ、スタートは前巻の続き。みんなで温泉に入ってるところを襲撃されてしまった

ため、しばらくお見苦しいシーンが続きます。

元々目が見えず、聴覚を駆使して襲ってくる都丹たち相手に

杉元たちは苦戦しますが、

スナイパー尾形の活躍もあり、なんとか撃退。

全裸なのが悔やまれるカッコよさです。

遅れて現れた土方が、襲撃犯の都丹を懐柔し、

揃った一同は、いよいよ網走監獄へ向かいます。

 網走突入!

網走監獄前に到着した一同ですが、もちろんそのまま突撃しても、

成功するわけがありません。

そこで活躍したのがこの男

脱獄王だけあって、逆に侵入するアイデアにも優れています。

普通にカッコイイ白石が見れるのはこの巻だけ!

と、作者がそう簡単に白石をカッコよくするはずもなく、褒められた白石は

やっぱり駄目でした。というか尾形の表情がいい味出してます。

作戦としては、アイヌの家族が前を流れる川に鮭を捕りにきた設定で、

近くにテントを立て、その中では着々と監獄の中へ続くトンネルを掘っていくと

いうもの。

そして訪れた作戦決行日、いきなりトラブルがいくつか出ますが、

リパさんが、遂にのっぺらぼうと対面。

ところが、のっぺらぼうは父親ではなく、それどころか誰かも分からない状況。

のっぺらぼうから情報を聞き出す作戦は失敗し、脱出を試みるも、今度は

外から第7師団が来襲。3戦力が同時にぶつかる展開で終了しました。

 まとめ

前巻までの、変態巡りとは打って変わって、かなり前から名前のあがっていた、網走監獄と

のっぺらぼうが遂に登場しました。しかし出会ったのっぺらぼうは、期待通りの人物に非ず。

むしろ完全にホラー映画の1場面のような展開になりました。ここまでやらないでしょうけ

ど、アニメでのっぺらぼうと対面シーンあったらビビってしまいそうです。

結局13巻に登場したのっぺらぼうは誰だったのか。アリパさん曰く、アパパではなさ

そうですが、他の囚人を無理やり身代わりにしたのでしょうか。それであんな顔にされてた

のなら悲惨です。

あとキロランケの仲間ではないようなので、ここも確定なのでしょうか。

次巻で謎が明らかになるかもしれませんが、主な登場人物が大集合しそうなので、戦闘も

激しくなっていきそう。ここに来てまた、かなり盛り上がってきたので、14巻は

かなり楽しみになってきました。

14巻感想へ