[ネタバレ]東洋の謎の傭兵は、最強の鉄砲鍛冶だった!明かされる過去「原:真刈信二 作:DOUBLE-S / イサック 3巻」あらすじと感想

 明らかになるイサックの過去

前巻で遂に、探していた男を見つけたものの、倒すことが出来なかったイサック。

さらに彼の銃撃を受けて倒れます。

そして3巻では冒頭から、イサックの過去に。

 

イサックと錬蔵の2人は、同じ師匠の元で鉄砲鍛冶をしていました。

ある時、家康から鉄砲を献上せよとの命が下り、師匠は、最高の銃2丁を仕上げ、

そこにその銃の量産の仕方を記しました。

しかしその晩、錬蔵は師匠を殺し、銃を奪ってヨーロッパへ逃げてしまいます。

しかも理由は、大坂の陣が終わったら平和がおとずれてしまう、ヨーロッパなら

まだまだ戦乱がある、というもの。

んでイサックが「そんなに戦が好きか」と問うと

あ、会話が成立しなくなっていく系のヤツだ。

 

戦モノの漫画で一番めんどくさい、とにかく争いが起きてるのが大好きなタイプです。

 

結果、師匠の娘のしほりイサックが責任を取るために、錬蔵が持ち去った銃を取り返す

ことと仕留めることが決まり、達成出来なければ、しほりが死罪になることが決まりました。

 

状況が状況とはいえ、ほぼ情報ゼロでヨーロッパに渡るなんて、イサックも凄いですね。

ちなみにしほりは、錬蔵に色目使われてホイホイ、銃の補完してある箱のカギを渡してる

ので、この状況は、自業自得といえば自業自得です。

 

 

 ローゼンハイム防衛戦

話は現在に戻り、錬蔵1人の鬼スナイピングのせいで、ローゼンハイム側は窮地に

立たされます。

負傷で狙撃は出来ないものの、イサックは戦術と片腕の剣術でなんとか対応して、

ボルマン達ツンデレ傭兵軍団が、理由をつけて帰ってきたこともあり、持ちこたえます。

しかしそれでも、相手の猛攻で防衛線が突破されそうなところまで来てしまい、

錬蔵を撃たなかれば負ける、ということで

まさかの2代目狙撃手としてゼッタが現れました。

 

感想

イサックが、ただの鉄砲鍛冶だったことが判明しました。

 

銃の腕前は勿論、剣術でも敵の馬上の敵を片手で倒して、兵法にも優れていて・・

 

戦国最強の鉄砲鍛冶でした、

練蔵も、いるいないで、将軍に全軍突撃とか決断させちゃうので1人で戦局、采配を

 

左右してますから、実質この戦は、ジャパニーズ鉄砲鍛冶が動かしています。

 

この漫画がヒットしたら、Youtuberの次に、鉄砲鍛冶が人気になることでしょう(適当)

 

そんな感じで(?)、3巻で早くも過去が明らかになって、より目的がハッキリしたので、

意外と早く完結も見えてきたかもしれません。

 

次の巻では、女スナイパーが誕生しそうですが、

1巻→風を読んで間接的にサポート

2巻→銃を担いで直接サポート

3巻→私が撃ちます

 

と、ゼッタが信じられないスピードでスナイパーの階段を駆け上がっているので、

5巻くらいになったら、シモヘイヘくらいになってるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました