[おすすめ紹介]たった1冊に全て凝縮された、映画のような作品「森田るい/我らコンタクティ」あらすじと感想

我らコンタクティは、森田るい先生の作品で、アフタヌーンで連載された

完結作品です。

同作は、マンガ大賞2018にて第2位に選出されました。

 

 あらすじと登場人物

あらすじ

冴えない会社員をしているカナエは、小学校時代の同級生中平かずきと再会する。彼はナゼか一人でロケット開発をしていた。かずきの驚くべき目的を知り、カナエは思わず脱力!だけど、二人は一緒にロケット開発をすることに!カナエとかずきが小学校の時に見たUFOも絡み、思いもよらぬ方向へ物語は進む!いくつかの短編漫画をアフタヌーン誌上に発表し好評だった森田るい氏が満を持して放つ初長編漫画!

登場人物

椎ノ木カナエ・・・この作品の主人公。OLとしての自分に限界を感じていたところ、

かずきと思わぬ再会をして、少しずつ変わっていく。

というか変わる前は、割と畜生。

中平かずき・・・カナエと元クラスメイト。現在は工場勤務しているが、

とんでもない目標のために、ロケットを作っている。

必殺技は、男女平等ドロップキック。

 

 

 最初から最期までブレないストーリー

あらすじを見ても分かる通り、この作品は「ロケット」とか「UFO」とかワードが出てくる

SFチックなテイストなのですが、ストーリーはそっち方向には広がらずに、一貫して、

かずきがロケットを作って、叶えたい夢を目指すお話が進んでいきます。

 

そのため、登場人物も非常に少なく、舞台も狭い範囲の中で展開されます。

しかし、その中でも主人公のカナエはもちろん、かずきだけでなく、

かずきの兄貴や

工場の近くの飲食店を経営する梨穂子さん等、

みんな一癖も二癖もあって、さらに闇を抱えてたりするので、

十分にストーリーを盛り上げてくれます。

 

最初に挙げた主要な2人は、この1巻完結という短い作品のなかで、成長を見ることが

出来て、カナエはスタートは、そこそこクズなのですが、ロケット作りに関わっていく中で

どんどんのめり込んで、本気でゴールを目指していく様を楽しめますし、感情をほとんど

出さないかずきも、クライマックスに向かうに連れて、盛り上がりと一緒に一気に爆発

させていくところは、本当にワクワクさせてくれます。

 

 感想

普段、短編集のように同作者の色々な作品が並んでいるものは読むのですが、1巻完結の

作品をあまり読む機会がありませんでした。

が、マンガ大賞ノミネートのタイミングで読んで見て、本当に良かったなと感じました。

 

この作品ってとにかく無駄がないんです。

 

登場人物も舞台も限定されているし、テーマもあっちにこっちにいかずに、初志貫徹。

その中で、人間関係の話も、ロケットの話も、少ない素材をしっかり活かして描けています

し、特にクライマックスへの盛り上げ方が上手いです。

 

序盤にカナエをずっと煙たがってたかずきが、終盤に彼女にかける、不器用なりの

まっすぐな言葉は、思わずグッと来てしまいました。

 

短く、スッキリ読みたい、という人にはピッタリの作品だと思いますし、こういう短編映画

が好きな人も、楽しめる作品だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました