[ネタバレ]鳥栖家とヤクザ、一進一退の攻防、そしてトイレコント「原:山川直輝 画:朝基まさし / マイホームヒーロー 3巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 ようこそ犯罪者の世界へ

前巻まででボッたくられたり、拉致られたり、拷問されたり。

散々な目に遭ってきた哲雄に、更なる悲劇が。

 

 

闇の世界まっしぐら

 

まぁ1巻ですでに1人殺してる時点で闇ですが、そっちの件はまだグレーでしたが、

窪たちに脅されて、動画を撮られてしまいます。

 

生きて帰ることが出来たものの、

元々鳥栖家は狙われていたようです。夫婦はもちろんそのことは知りません。

 

奥さんに話すと、おそろしく冷静に返事があり、2人は延人が生きてると、一味に思わせる

工作を始めることに。

 

ここで大学時代の回想が入りますが、2人は一緒に演劇サークルで活動してたんですね。

かなり窮地なのに、のほほんと思い出話に花を咲かせてる所がこわいです。

その時代に同じ部にいた、田端くんにフェイク動画の撮影の協力をお願いする流れでした。

田端くんへの依頼は奥さんが担当しますが、

 

哲雄は、延人のSNSへのログインを担当。しかしパスワードと、秘密の質問が分からず狼狽。

監視役との接触で、何か情報を得ようとするも失敗。

そこで、延人が何度か行っていたBARへ行くと

 

パパと対面。

 

色々ボタンがかけ違えてたら、

 

新郎新婦の父たち

 

になったかも知れない2人が、初対面です。

 

ここでは結局、延人パパにはバレなかったものの、今後の展開が楽しみな

顔合わせになりました。

まるでゲームのように、ここでの会話で秘密の質問のヒントを得た哲雄は、

なんとか動画作成に成功。

 

 

妻・歌仙無双

再び恭一と顔を合わせた哲雄ですが、

かなりヤバくなってます。恭一の推理自体もかなりいい線をいっている。

しかし、このタイミングで動画が何とかあがり、セーフ。

ですが確定できるものではないので、開放されずでしたが

組織と一緒に、延人を追うという、

どこかの、ノート持った新世界の神みたいな展開になってきました。

 

さらに

阿笠研究所が技術協力してそうな、ひみつ道具まで携えて。

 

しかし、歩行鑑定という想定外の鑑定方法で、SNSにあがった後ろ姿が、延人でない

可能性が高くなった結果、疑いがさらに強まって、恭一は哲雄宅へ。

ここから奥さん無双とトイレコントが始まります。

 

出かけていてくれと言ったにも関わらず、

帰ってきて、恭一と静かなバトルを始める歌仙。

 

 

この煽り&技です。

 

下剤を事前に仕込んでおいたということで、恭一はトイレに直行。

恭一のパソコンから次の策のカギを探そうとしますが、

確実性を増すために、容赦なく哲雄も犠牲になり、

 

コントスタート

 

ここから色々やり取りをしますが、最終的に庭でする羽目に

なり、そこで

 

 

・・・。

 

哲雄は、新しい情報を得るために

 

多くのものを失いました。

 

 

 まとめ

まさに「一進一退」な展開で、どっちかがずっと優勢になることがないですね。

読者だけがお互いが何者か知ってる、両パパのご対面シーンや、恭一が植木鉢ひっくり返す

シーンの緊張感とか、なかなか先がどうなるか読めないです。

 

延人を殺す前から元々狙われていた鳥栖家に対し、今は恭一だけが深く入ってきてますが、

窪たちがさらに動き出すと、話も大きく展開していきそうです。

コント仲間の恭一が、そのうち味方になるんじゃないかとも思ってますが、3巻の最期に

とんでもない種を植えていったので、この点の攻防も楽しみです。

 

オマケ

下剤入りのミルクを入れる伏線として、苦すぎるコーヒーを飲んだ

恭一が、何も言わずスッとコップを渡すシーンが可愛い。

こういうシーンがちょくちょく入るので、そういう点で読んでも面白いです。

 

4巻感想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました