スポンサーリンク

[ネタバレ]遂に新生・飛信隊が本格参戦!壁の顔芸もあるよ!「原泰久 / キングダム 50巻」あらすじと感想

タイトルカ行

前巻の感想へ

 王賁の活躍、2日目終了。そして壁が・・

2日目終盤、王賁が玉鳳隊を大移動させ、馬南慈に大打撃を与えたことで、秦軍優勢で終了。

しかし、壁が「悪くない、悪くないぞ」などとフラグを立ててしまい、

さらに信が

 

「この戦は兵糧の戦いでもあるしな」

 

と、わざととしか思えないフラグの乱立のアシスト。

 

結果、壁軍が狙われてしまい、パックマン舜水樹軍(※48巻感想参照)の隠密行動で、兵糧庫があえなく炎上。

壁は、燃え上がる兵糧庫を眺めながら

 

 

この顔である。

 

さらに、愛する楊端和ちゃん味方に会わせる顔もない壁は、座り込み、

 

 

誰だあんた

 

このあと、名誉挽回しようと空回りして、さらに味方に打撃を与えるという、

凡将の鑑のような行為をしてしまう壁さん。

王翦にも良いように使われてる感があったし、いい加減この残念な役回りが払拭される

と願ってます。良い人な部分をもっと全面に出してあげて欲しい・・。

 

スポンサーリンク

 

飛信隊、見参

3日目は、敵将がベールを脱ぐと共に、一転ふたたび秦軍がピンチに。

2日目大活躍した玉鳳隊が釣られてしまった窮地に遂に

飛信隊が登場!

 

王翦の命令の出し方がカッコ良すぎる・・

 

同世代2人の影に隠れて、城攻め以外パッとしてなかった

信の活躍の場がやっときます!

 

更に、飛信隊選抜オーディションを勝ち抜いた、新生飛信隊のメンツも、

実質初陣に近い中で、敵の歴戦の精鋭相手に大健闘。

弓矢兄弟も、人間を全然撃てなかった弟が「馬なら撃てる」という

動物には厳しい能力だったため、騎兵をガンガン倒していきます。

 

しかし、飛信隊の戦場全体で見ると、完全に劣勢という状態。

なのに信のところだけ連戦連勝。

これに解がシンプルで

 

「相手も信も本能型だから」

 

ここにたどり着くのに苦戦した貂は大丈夫か・・。

 

確かに、敵軍のレジェンド智将の、一番弟子が本能型というのは意外ですが、

振り回されすぎです。

 

刀語という作品の、この人も奇策師を名乗りながら、

序盤へっぽこで、終盤ようやく覚醒するので、

 

全体的に、少しそれと被る貂も、もっと大事な場面で活躍してもらいたいものです。

 

結局信が全権を任せられることになり、戦況を見た結果、

敵の意図が分かり、信自ら出た瞬間

 

 

速攻で出くわしました。

 

このあと、遂に王騎の矛で、王騎の現役時代のライバルの

1人と戦う場面に突入し、END。

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

 

壁が秦軍の負の部分を、1人で背負わされてる感が強くて可哀想でした(笑)

挽回の余地があるといいのですが・・。

まぁ矢が刺さっても、左慈に切られても生きてるし大丈夫か

 

飛信隊の新人目線でも、戦場が描かれてたのは凄く良かったですね。

段々戦場の数も増えて、信や羌瘣以外の戦闘はマンネリ化しつつありましたが、

また懐かしい「伍」とか出てきて、リフレッシュされた感じで楽しめます。

弓矢兄弟は主力間違いないだろうし、他のゴロツキ連中も、飛信隊での位が

上がっていくのかと思うと、今後が楽しみですね。

 

そして、いきなり伝説扱いされてる敵将に出くわし、一騎打ちになった信ですが、

ここでも首級をあげるのか、またパックマンや李牧の裏工作が炸裂するのか、

おそらく次の巻ではまだ、この趙との戦いは終わらなそうですが、やっと

信の戦いが1つ終わりそうです。

 

51巻の感想へ

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました