スポンサーリンク

[ネタバレ]「原:江口連 画:赤岸K/とんでもスキルで異世界放浪メシ 2巻」あらすじと感想

冒険

作品紹介へ

 倒したモンスター売ってウハウハ

今回の話、どこから書いていこうかと思っていたら、

 

 

いきなりタイトルに、ほぼ全て書いてありました。

 

タイトル通り、フェルが強すぎて、中級レベルのプレーヤーですら勝てないレベルの魔物も

倒してきたことで、街で売却祭り状態に。

 

 

モンスターの色々な部位が、色々な道具、装備品に出来るということで、

全部合わせて、かなり高額の買い取り。一気に懐が温かくなります。

 

1巻では、現世→異世界へ、調味料の転売という、禁断技も披露してますが、

フェルのおかげで、もうお金に困ることはなさそうです。

 

このあと、ご褒美にフェルに、現世のお惣菜を食わせるムコーダ。

1巻でも、護衛パーティーに食わせたらパーティーのステータスが上がった

というのがありましたが、今回も

 

ありえない上がり方してます。

 

こっちの世界の料理を持ち込むと、ステータスが上がる

(高級なものほど効果も大きい?)という

この設定が今後、どういう形で活かされていくのか楽しみです。

 

このあと地図を買うために街をブラブラしますが、

 

さっきのモンスターの売却といい、正統派な冒険はしない分、こういう国の

特徴や外交関係などの設定が細かいところは、この作品の面白いところです。

 

スポンサーリンク

 仲間が増えた

あと道中で、戦闘力ゼロだったムコーダも遂に攻撃魔法を覚えましたね

 

ゴブリンを倒すほどまで成長しましたが、結局料理に使うとか

そういう展開を期待します(笑)

 

そして最後に思わぬ仲間が。

 

 

こんな簡単に契約成立するんですね

 

とりあえず、大賢者や捕食者スキルを持ってない、普通のスライムのようです。

 

 まとめ

前巻の雰囲気がそのまま続いていて、ストーリーに大きな抑揚はないにも関わらず

相変わらずおもしろいです。

2巻でだいぶ、世界観や情勢が明らかになってきました。

ムコーダが最初に考えてた通り、最初の王国はかなり危ない国。

今のところ我関せずですが、今後戦に巻き込まれたり、最初にいた高校生勇者達と

また遭遇する展開もありそう。

 

他の異世界漫画では、倒すのに苦戦した魔物が、フェルによって簡単に討ち取られていく

って流れが面白いですが、ムコーダが上手くバランスを取ろうとしているおかげで、

そこまで何もかもに、楽勝感が出てないです。

 

フェルも十分、マスコット要素あると思いますが、加えてスライムもパーティーに

加わりました。このまま人間は味方につけずに、モンスターばっかりになっていってしまうの

でしょうか。それはそれで楽しみですが、あくまで放浪旅ということで、1,2巻の流れは

今後も続けていってほしいです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました