[ネタバレ]インターハイ直前!立場の違う全員それぞれの想い「こざき亜衣/あさひなぐ 26巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 待った!

前巻ラストのラストに、寿慶の、真春へのインターハイ辞退勧告を、やす子が待ったを

かけ、本人も今後の薙刀人生を含め、全てを理解した上でインターハイ出ると宣言。

前巻もそうですが、ここで冷静に冷静に、2人の所作・言動を見ていた旭が精神的に

成長著しく感じました。

この後、やす子は他の部員に、文字通り身柄を拘束され、教えてもらう立場の生徒達の方が

上の立場みたいな奇妙なやり取りの末、

残りはやす子が、指導をすることに。

前巻で、寿慶が禁止した旭の体捌きも、やす子によって解禁されました。

真春に対しても、ただ元通りに戻すだけでなく、更に新しい武器を覚えさせるという

大きなモチベーションになる指導をします。ここらへんはさすがですね。

この後の、練習後の部屋での、やす子と寿慶の一連のやり取りのシーンは

凄く良かったです。2人の関係の良さがにじみ出ていました。

そのあとのこの画も

  それぞれにとってのインターハイ

ここからは、団体戦に選ばれた愛知、野上、大倉、八十村、さくら、そして旭と、

メンバー全員の、それぞれのインターハイを前にしたストーリーが紡がれていきます。

どのエピソードも抜群にグッとくる内容で、中でも、これまであまり語られていなかった、

大倉とさくらのエピソードは、

共に思わず泣いてしまいましたね。

なんなら、2度目読むと、もうこの最高の笑顔のコマだけで泣けてきます。

特にさくらは、最初から読んでて、こんな表情と言葉出てくるなんて

想像もつかないほどなので、やばいですね(笑)

野上も、部長やめた頃、苦しみ悩んでた時期を思うと泣けるし、

八十村と旭は少女漫画寄りな内容で面白いし、

言うことないエピソード群でした。

 まとめ

真春どうなるんだろうって思ったけど、個人戦限定だけど出ることになって

良かったです。

これで団体戦の方は、展開的に真春が勝ち前提なことが多かったので、どの試合も

かなり競った内容になっていきそうです。

大倉あたりは、はじめの一歩でいう青木とか木村みたいな、コメディ展開試合担当に

されてる気がする節もあったので、ガチの真剣な戦いが見てみたいです。

勝ち切る野上も見たいです。シビアなこの漫画では難しいのかもしれませんが・・。

最後にオマケ、一緒に合宿してて、やす子の乱入とか二ツ坂の面々のあーだこーだの

盛り上がりのせいで、半分空気だった一堂と的林ですが、

一堂が、初期の作中ぶっちぎり自己中からは信じられない、変化が見られたので

これだけでも大きな成果だったかもしれません。

この巻の間に、ではないものばかりですが、成長していたそれぞれの姿が

見られた、実りの大きい26巻でした。

27巻感想へ