[ネタバレ]祇園登場!順調に勝ち進むライバル校の中で・・「雨瀬シオリ/ALL OUT オールアウト 14巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

祇園登場!

前巻で7コマしか出られなかった祇園ですが、

キャプテンの退場で、悪くなった雰囲気を立て直すために、籠さんに抜擢されます。

ところが

ガッチガチ

ここでこういうタイプの主人公って、1人だけ緊張感ゼロで、いい意味で空気を

壊すもんですけど、祇園って意外と人間らしいですよね(笑)

そんな祇園に語りかけたのは江文さん。どんな言葉で励ましたかというと

オーバーキル

江文の叱咤が逆に効いて、祇園は無事にゲームに入っていきます。

祇園の活躍で流れが徐々に変わり、

決めたのはまたしてもこの男。

江文すごすぎないですか?後輩を精神的に奮い立たせ、プレーでも大活躍する。

バケモンだな

そらこもさんも、連載開始以降最大の賛辞をおくりますわ。

トライを決めたあと、まっつぁんに向かって

さりげなく笑顔を見せるこのシーンとかも最高でした。

そんなことで、この試合はジンコーの逆転勝ちで終わります。

破れた平塚も

中心の2人が凄くいいキャラしてたし、ブレずに

でもカッコよく去っていったと思います。

異端な方法で、部に革命を起こして、それを最後まで貫いたチーム。

まだ2回戦ですが、相手チームがこういう風にしっかり描かれるのは、

この作品のいいところですね。

順調に前進するジンコーとライバル達だが・・

そこから、次の試合も接戦を制して、

相模に嶺蔭も順調に進む中、

慶常がまさかの敗戦・・なのかは分かりませんが、少なくともかなり劣勢の状況。

ジンコーの試合が終わって、慶常の面々と入れ替わりでグラウンドを

あとにするのですが、このシーン、なんか悲壮感漂う雰囲気というか、いつもの慶常では

全然ないし、何が起こってこうなったのか気になって仕方ないです。

まとめ

久々に登場した祇園ですが、ちょうどいい感じの活躍でしたね。

出ていきなりトライ決めてとかではなくて、これまで教えられたこと、やってきたことを

しっかりこなして、チームに流れを呼び戻すという演出が良かったです。

平塚戦の勝利後に、父兄の方々と集まるシーンがあるのですが、

ここでの親同士の語り合いが面白かったです。

母親の目からみた、家でのキャプテンとか石清水のエピソードが聞けます。

まっつぁんも完全復活してそのまま活躍が続いていますし、

(逆に大原野が薄くなってるけど)ジンコーは全てが上手く行き始めてる状態。

逆に慶常が本当に分かりません。次の巻で明らかになっていくのでしょうが、

テニプリでいえば、比嘉に完敗した六角中みたいに、

共に高めあったライバルが散るのは嫌ですね。

それから江文が神がかってますね。この作品通して、辞めようとしていたメンバーを

結果的に引き止めたり、個々の上昇志向を高めたり、試合では毎試合のように活躍したり、

元日本代表のこもさんから「ばけもの」呼ばわりですからね。

何ならアンダー世代の日本代表・江文編も描いていただけたら嬉しいです(笑)

オマケ

たまたま観戦で知り合った別校選手と、速攻マブダチになってる

賀茂さん、マジコミュ神。