スポンサーリンク

[ネタバレ]相手選手絶対殺すマン大暴れ!監督との因縁の過去「荒達哉/ハリガネサービス 20巻」あらすじと感想

能力バトル

前巻の感想へ

対面の相手絶対殺すマン

幕を開けた駿天堂戦、前巻最後にいよいよ鴛淵が動き始めました。

手始めに、久場をターゲットにして

 

「生まれて初めて、悪感情を思いきり叩きつけられた」

 

え、これ、バレーだよね?

 

スポーツの、ましては高校生の試合で見た事ないような感想が飛び出し、心折れる久場。

鴛淵の勢いは止まらず、次は大船をターゲットにしたところ

 

 

煽り耐性ゼロで打ち返してきた。

 

心折れるどころか

 

退場。

 

これは逆に鴛淵も予定外だったのではないでしょうか。

 

そんな鰐淵ですが、

 

 

味方にも容赦ない・・

 

1人だけ吹き出しが黒塗りに白なのも面白いです。

 

スポンサーリンク

 

鰐淵と監督の過去

1セット目を取られたところで、

 

 

監督から遂にカミングアウト。

 

そして今回も、壮絶な過去が語られます。

監督業にばかり集中して、息子の面倒を全く見なかった結果、

息子はどんどん荒んでいったという、比較的ありがちな話ですが、

 

 

↑の鷲淵少年の顔つきの変化が悲しいですね・・。

 

羽座川の過去同様、ここで終わらないのがハリガネサービス

 

 

自身の生徒たちにも厳しく当たり続けた結果、

 

 

息子の鴛淵が八つ当たりを食らう羽目に。

 

結果

 

 

誰にも相談出来ず、全て背負い込み、鷲淵は全てを敵とみなすようになってしまったと。

 

相変わらず重い。

 

前巻で、監督が鴛淵に挨拶したら、彼の口癖である「死ね」を返され、

何も言い返せなかったのは、こうなってしまった後ろめたさから

だったんですね。

 

監督は彼を変えてやりたいということで、勝利をメンバーに託しました。

ここでやっと人間らしい一面が出ましたね監督。

ターミネーターのように感情の起伏が感じられない男でしたが、息子との

戦いを通じて色々な面が飛び出していきそうです。

 

さらに鴛淵は、チームメイトから

 

 

否定という概念が形をとって歩いている

 

とか言われます。すごい言われようだ。

 

そして遂に下平が鴛淵の標的に。

鴛淵のプレースタイルは、ターゲットと決めた相手の出来るプレーを、1つ1つ

全部叩き潰していくことで、最終的に何も出来なくするという、

どこかのテニス部の部長みたいなものでした。

 

下平も、それを看破することが出来ず、

 

 

失意の中、交代させられてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

相変わらず悲しいキャラの、与えられる仕打ちが重いです。

 

全体として鴛淵親子が中心の回でしたが、松方の策士っぷりとか、羽座川の

人間辞めましたプレーも光ってたので、鴛淵だけでなく、他のプレーも楽しめそうです。

 

下平は、羽座川との因縁も未消化のまま、鴛淵にフェードアウトさせられてるので、

この状況を克服した上で、羽座川とのバトルまでやれるのか?と心配にもなってきました。

残りセットも少なくなってきたので、誰が鴛淵を攻略するのか、

羽座川をどう倒すのか、今の所糸口も見えないので、どう描いていくか楽しみです。

 

オマケ

 

作品中で「人間じゃねえ」とか言われだしたら黄信号。

 

21巻へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました