[おすすめドラ] 危うさが光る、初期のしずちゃんを堪能する ドラえもん名エピソード その4「のろいのカメラ」

エピソードその3へ

今回は4巻の「のろいのカメラ」を紹介したいと思います。

扉絵からも分かる通り、少し穏やかではないエピソードです。

 

 

冒頭は、黄金パターンでドラえもんに泣きつくシーンから、

 

 

いつもなら、冷静にたしなめるドラですが、初期ドラは

結構頭に血が上りやすくて、今回もこの怒りっぷり。

 

 

この気持ちの入りようです。

場合によっては、のび太にテストを出す先生を「ぶっ飛ばしてくる!」

とか物騒な事を言ってましたからね。

どこで冷めて、「きみはじつにばかだな」とか言い出したのでしょうか。

 

 

ここで今回の表題の、「のろいのカメラ」が登場しますが、

ドラえもんは急に冷静になり、思いとどまります。

と言ってるそばで、スネ夫のこの煽りです。

 

 

スネ夫の煽りスキルの高さもいいですが、注目すべきは
しずちゃん。

 

 

どっちの場面でも、バカにされ怒るドラえもんを見て普通に笑ってます。

後期のしずちゃんは、のび太を仲間外れにしようとするスネ夫達に反発して

のび太に同行することが増えますが、

初期はどっちかといえば、一緒になってのび太をバカにする事が多いです。

この回は特に注目。

 

 

スネ夫に道具を使うか悩んだ結果、

寝落ちしてしまったドラ

 

に呆れて寝顔を撮ったのび太は、

おもちゃの人形を作る機械と勘違い。

実際家のミニチュアとか作れるカメラもありますしね。

 

しずちゃんにプレゼント。

ところが、

この反応である。のび太家もドラも知ってるはずなのに

遠回しにDISってます。

 

 

まさかの即日転売。

いや売ってはいないですが、誕プレを即他人に譲るという、

メルカリガチ勢もびっくりな、

将来、男にもらった貴金属を即売却するビ○チになりかねない

危うさが、この頃のしずちゃんには、ありました。

初期のしずちゃんは、結構暴言失言を、主にのび太に連発してるので

そういう点もよく注目してもらいたいです。

その頃、のろいの人形の危険性を伝えるために、のび太の人形を

作っていたドラですが、

 

 

スネ夫に対しては持っていた自制心はどこへいったのか、

のび太が叫び喚いてるのに冷静に

「頭をぶつ。」と淡々と殴り続けます。

 

これでわかったろう。じゃないよ

 

真顔で殴り続けたのに、終わってから困り顔。

やっぱりしずちゃんよりヤバイのはこの男でした。

そんな血も涙もないドラえもんに鉄槌が下されます。

 

 

少女漫画に出会う前の、ミニジャイアン時代の

クリスティーネ先生が大暴れ。人形のドラえもんへのオペを

開始しますが

 

普通に怖いです。

 

結局、なんとかちびっ子に見せられない惨状を回避し、

人形を取り戻して、最後はスネ夫に仕返しをして終了します。

 

 

さすが初期のオネショキャラですね。

ちなみにこの4巻には

 

 

単行本へのドラミちゃんの初登場エピソードや、

名作「おばあちゃんの思い出」も収録されています。

 

いつかまた紹介したい、感動エピソードです。

 

エピソード5へ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました