[ネタバレ]グラシュロス語に負けじと、ぶっ飛んできたのは本編「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 3巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

再会

それぞれの集落で成長していたシュラヴァとイーピン、そしてシュリ。

話は過去に戻り、それぞれの集落入りした経緯。

後の集落「イテコマ」の住人の謎の習性が明らかになります。

何とか洞窟に逃げ延びたシュラヴァですが、そこに謎の3人組が。

3人組はシュラヴァを見つけると、

なんか始まった。

なんか返した。

なんか友情生まれた。

と、いきなり序盤から飛ばしていく3巻です。今回はやたらと中身濃いです。

いつもですが。

話は現在に戻り、アクウの登場により、各集落が動き出し、

アクウを知るイーピンの属するジョナオンと、シュラヴァの属するイテコマが、

アクウをめぐって対立。

結局ボインジョは敗れ、イーピンがアクウを誘い出すことに。

久々の再会を果たすも、アクウは半分闇落ち状態。

さらに

獣の巨人!?

どうやら、ジーク戦士長ではなく、オアキラ様という、

この一体を守っている獣人のようです。

意外にも友好的でしたが、肉を分けてあげようと近づくアオキラ様に対し、

相棒(テラワキ)のドトウを殺されたアクウは

ワンパン余裕でした。

このあと、オアキラ様は再び立ち上がって反撃しますが、

アクウとシュラヴァによって殺されます。

基本的に、縄張り守って専守防衛してただけなのに、可哀想・・。

ついでに、相棒のグラシュロス語訳がテラワキで、

オイカワやソリマチも可哀想。

実際の意味

オアキラ様との戦いも終わり、アクウに付いていくことにしたイーピン。

移動中の寝床にした洞窟内でイーピンが画を描きます。

!?

ここで唐突に現代に。現代では、イーピンの描いた絵に対して

古代壁画展のガイドさんが説明をしています。

現代解釈→女性の生命の生まれ変わりを、太陽と月に願っている。

ところが実際は

おっぱい揉みたかっただけでした。

実際、こういうことって沢山ありそうですよね。

そういう意味では深いシーンだったのかもしれません。

この後、

また謎の部族が登場し、

イーピンが捕まり

いくらなんでもデカすぎる怪鳥に食われそうになり、

いつものカオス予告が登場して終了。

まとめ

本筋の展開だけでもお腹いっぱいな濃い中身なのに、あえて飛ばしましたが、

今回もグラシュロス語がぶっ飛んでる!

例えば、冒頭のラップバトルですが

強者=クサノヒトシ

弱者=クソニヒトシイ

や、

非常識野郎=ジャスティン

とか

三人組=スチャダラ

と、やりたい放題です。

こっちの一覧は、また用語集の方にまとめようと思います。

さて本編ですが、猿人が出てきたり怪鳥が出てきたり、グラシュ以外の

巨大生物も次々と登場してくるようになりました。

おそらく今後も、父の敵だったグラシュが出てくるまでは、こういう

巨大生物との戦いが繰り返されることになりそうです。

シュラヴァ達も、アクウがシュリと再会する場面もなく終わったので、

登場は今回で終わりではなく、また出てくることがありそうです。

4巻へ