[ネタバレ]様子がおかしいアイドルと若者の声量の人間離れ「原:塚脇永久 画:伊藤 龍 / 蟻の王 8巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

様子が変なアイドル

テレビ局に乱入し、ミハル達を無理やり注目させるところまでは

狙い通りにいった亜久里一行。

入り乱れる、救急車から飛び出したおっさん達とテレビ局の人間、

そして亜久里一味の混乱をよそに

ミハルが遂にその真価を発揮します。

しかし、その様子を見ていた静流が一言。

はい、おかしすぎます。

至近距離で霊丸か何かを食らったのか、急に進化が始まったのかと思いきや

ウウウウ

からの

憧れのライト、数コマで即死。

照明を割るとか、もはや声量とかの世界じゃなくて、超音波か何か

だと思うのですが、

この後、静流の部下が言うには「日本人離れした声量」だそうですが、どう考えても

「人間離れした声量」

なのですが、業界人の方々には、まさかの高評価だったようです。

まんまと売り込みに成功した亜久里たちは、逃げ出すために

静流を一時的に誘拐しますが、

誘拐されたのに、なんか楽しんでるし、歌謡祭も内定気味。

無事脱出に成功した一行が戻ってくると

子供が生まれてました。

このシーン、子供を取り上げてほしいと願うオバチャンに対し

霧男が、まぶしすぎて殺してしまう・・とか言うのですが、

オバチャンが

殺していいから、まずは取り上げろ

そして名前を付けろ

と、かなりぶっ飛んだ要求をしてくるのが狂気じみてて、

この漫画の登場人物らしくて面白いです。

 今度は三界家のバカンスに乱入

間に霧男のほっこりエピソードをはさみつつ、

舞台は三界家へ。

跡取りの星之助を失った輪一郎が、預言者の預言を聞いた所によると、

日本はこのままだと滅び、均衡の崩れた世界は、若い王たちの争いの末に

生き残るのは1人のみで、世界も滅亡するそうです。

話が更に大きくなってきました。

それを知ってか知らずか(多分知らない)

亜久里達が、

今度は三界家の静養地に乱入。

こいつらいっつも乱入してんな。

そしていつもの、

とんでもない要求を突きつけて、

8巻は終了します。

 まとめ

亜久里達の動きがどんどん大胆になっていきますが、

当初は常に困惑していた仲間たちもどんどん手慣れてきていて、

坂水は単純に実力が上がって、いいタイミングで攻めたり守ったりと今回は大活躍。

霧男も、三界へ乗り込む時のだいぶ芝居がサマになってきてますし、まとまってきてます。

それから回想になって出てくれば出てくるほど、鬼三郎という人物が魅力的になっていって

面白いです。今巻では娘の身代金5億円誘拐で、本人自らキャッシュ30億円背負って

現れますし。

次巻、そんな鬼三郎の血を一番受け継いでそうな亜久里がどうやって三界を説得するか、

見ものです。

オマケ

今回の途中で、ヤクザの遺体の処分の仕方が、4ページに渡って

丁寧に解説されるという

全くいらないレクチャーが展開されているので

処分に困った方は是非参考にしてみてください。