スポンサーリンク

[ネタバレ]脅迫と書いて「しんらい」と読む。稲荷崎戦は最終局面へ「古舘春一/ハイキュー!!32巻」あらすじと感想

部活
スポンサーリンク

前巻の感想へ

 

 飯食うみたいにバレーしよる

悪い流れを、山口と西之谷の熱すぎる友情で断ち切った烏野でしたが、

この巻はいよいよ宮兄弟の掘り下げでした。

 

 

小学生の宮兄弟、全く区別つきません・・。

これまで読んできて、分かるようで分からなかった

双子の違いが、この巻で明確になります。

同じ顔してても、性格も考え方も微妙に違う治と侑。

 

でも共通して死ぬほど負けず嫌いなので、違いはあっても

常に競争し続けてるという関係性。

面白いのは、セッターである侑の方は、王様時代の影山のような

暴君を度々出していたということ。

こういうところから「おりこうさん」発言も出てくるのでしょうね。

 

2人の活躍もあり、試合はやや稲荷崎優勢で進行。

田中も止められるようになり、頼みの日向も後衛へ。

更に、侑のフェイントに月島までも釣られて万事休す・・

 

 

と、思わせて

 

 

日向のレシーブ!!

 

ここは前後の演出とか、影山の言葉含めてめちゃめちゃ

熱かったですねぇ、

日向を知らない観客と、烏野と対戦したことある選手のリアクションの

差も最高でした。スラムダンクで、桜木が庶民シュート決めた時の

感じによく似てました。

 

勝手に合宿に紛れ込んだ成果がここで!この場面から

1年3人の絡みが一気にヒートアップします。

 

更にこの場面、どう考えても烏野に点が入る流れなのに、ネットインで

稲荷崎に点が入ってしまう、一転して最悪の流れになったにもかかわらず、

日向もイカれっぷりが、また烏野を救います。

 

 

こういう時の、軽く狂気はらんでる日向の目良いですね。

 

スポンサーリンク

 

 コイツに負けてたまるか

この日向を見て、宮治が言う言葉が面白くて、

「飯は毎日何回も食べるのに、食べる時の幸せ感は下がることがない。アイツは飯食ってる

みたいにバレーをしてる」と。

それで、腹減ってる時に一口だけ食べると、もっと腹が減る

美味そうに食ってる奴を見ると、まわりも腹が減ってくる

 

日向と烏野を的確に表してますよね。日向のスタイルって、スポーツ漫画の主人公に

ありがちな「とにかく楽しみたい」みたいなレベルじゃなくて、本能でやってる感じ。

勝ちとかはそのずっと先の話で、一つ一つのプレーで、スパイク決めたい、撃ちたい、

点取りたい、とかにとにかく執着している。

だから、試合の流れを完全に無視して、影山に自分のレシーブ自慢とかもする。

でもチームメイトもそんな日向を見て、余計発奮すると。

 

本当に秀逸な例え方だったと思います。

 

ここからは再び一進一退になりますけど、終盤に影山が覚醒してからが鳥肌もの。

 

抑えられ出してから、直感で行くべきではないと感じた田中が、

恥を忍んで影山に、自分に上げる回数を減らしてくれと要求するも

 

 

即却下。

 

 

ここで、脅迫って書いてしんらいって読ませるのが良いですね。

このシーンの直後の、歓喜する烏野の輪に入らず、完全にやべーやつになってる

影山がたまりません。それをスマホで見ていた、及川の表情も永久保存モノです(笑)

 

影山が完全に覚醒しますが、その原動力とも言えるのが、やはり日向。

宮兄弟は、互いに競い合って高め合う感じですが、

 

日向と影山の今の関係は、それこそ田中に対しての影山と同じで、日向が信頼という名の

脅迫をして、影山はその脅迫に負けてたまるかと更に上を行こうとするという

 

狂気じみた信頼関係で成り立っているんですね。

 

 

自身の完璧なトスで日向が決めたあと、得点の喜びなんてそっちのけで、

「日向に」勝ち誇る影山と、その2人を見て呆れる田中の図が

今の烏野の魅力です。

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

結局この巻では、稲荷崎戦は完結しませんでした。

 

しかし青葉城西戦しかり、白鳥沢戦しかり、大一番では最後の最後は死闘で幕を閉じる

試合が続いているので、壮大な回想でも入らない限り、間違いなく完結するので、

その締め方は楽しみです。

 

もう一つ、天才と呼ばれる人たちを評した北の言葉

バレーボールに限らず、全てに通じることだなーと

感心させられました。

 

オマケ

影山のプレーを見た後の大王様は平常運転してました。

 

33巻感想へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました