スポンサーリンク

[ネタバレ]いくら暴走しても何故かブレない本筋ストーリー、衝撃の次巻予告「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 4巻」あらすじと感想

冒険
スポンサーリンク

前巻の感想へ

 

 ジュディ・オング

大怪鳥(オング)に脅かされている集落ミ・セラレテ。

集落からの討伐依頼に対して、アクウは興味なしも、イーピンは死んだエビーゾの妹の美貌に

釣られて快諾。アクウは強くなりたいという理由でオング討伐に向かったため

結果的に目標が一致しましたが、成り行きでイーピンはアクウが失敗した場合の生贄候補に。

 

結局、アクウが強すぎて、

オングはジュディにされていたので、

みんなで仲良くオングのケンタキを食べました。

 

 

この時代にどうやって衣で揚げたんだなんて野暮はナシ。

 

それにしても、抜け殻=ジュディって、先生は何か恨みでもあるのでしょうか・・。

 

この後、エビーゾの妹リエンは、昭和を振り返る歌謡番組で見た事あるような、

歌詞と振り付けでアクウを誘い、おっ始めるのですが、

これをただ眺めていたイーピンが、自分の猛りを抑えるためにとある発明をします。

それは用語集2で。

 

スポンサーリンク

 

 サダム・アッサシのフォーク

ミセラレテを後にし、唯一のグラシュの手がかりがありそうな、

カンパクス・エンゲンに向かう2人でしたが、カンパクスはかなり大人の事情的に危ない村で

仕切ってるのは集落名の通り、やっぱり、サダム・アッサシ

 

 

サダムは、女の子をコスモスと呼んだり、部下をサキモリと呼んだり、作者がやりたい放題。

さらに副首長は

 

マツヤム・アチハルに、

タニムル・アシンジ

 

もう色々アウトになってきました。

もういっそ、イズミユ・アシゲルとかハマドゥ・アショウゴとかも出したら良かったのに。

 

そんなカンパクスに、捕まってしまったシュリを助けるために、シュラヴァが

乗り込みますが、この1話だけで3人の首が飛び交うという、

 

キングダムを除けば、なかなかの好記録

 

を叩き出します。さすが「神さまの言うとおり弐」のコンビですね。

 

いよいよ直接対決となりますが、ここでサダムの回想。

 

元々集落に自由(ロック)を標榜していたサダムでしたが、自由すぎて彼女が他の男に

いつの間にか寝取られた上に死なれたせいで、その反動でサダムはロックを憎み、

束縛(フォーク)に傾倒していったという過去。

 

 

 

色々問題多すぎて何も言えません

 

もっと言えば、この時のサダム・アッサシの彼女の名前がミナミコ・セツという、

 

どんなカップリングだよ

 

とうっかり、現実の人達で考えてしまうネーミングチョイスです。

あと何気にこの集落に、ヤリサ(快楽のために他人を犠牲にする集落)のリーダー

もいましたね。

 

更にこの後、サダムの掃除係が

 

 

参謀に昇格(結果にコミット)してたり、

 

アクウがふらっと現れて、サダムをボッコボコにして、もはや強くなりすぎて

ワンパンマン状態だったりしながらこの巻は終わります。

 

そして最後に予告で衝撃の展開が

 

 

次で終わりかよ!

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

まさかの次巻で完結です。心なしか予告も前巻までの勢いがありません。

 

まぁ今巻ほどの無法地帯化していれば、続ければ続けるほど各所に謝りにいいかないと

いけないという、どこかの週刊誌の長期人気漫画のような、負の連鎖に陥いったことで

しょう。というかその先駆者は、言うてもギリギリのラインで戦ってましたが、

こっちはさすがにアウトでしょう(笑)

それでも、いくら暴走・悪ふざけをしても本来の目的であるグラシュを倒すことは、

最初からブレていないのは素直に評価されるべきポイントです。

 

グラシュとの最終対決と、作者お二方の暴走の結末を最後まで見守りたいと思います。

 

5巻の感想へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました