スポンサーリンク

[ネタバレあり]次の敵はナンバー1GK、結末の予想がつかない流れ「安田剛士/DAYS 28巻」あらすじと感想

スポーツ
スポンサーリンク

前巻へ

 

俺史上最もカッコイイ男

風間のゴールで遂に逆転した聖蹟、必至に1点守り抜きタイムアップ。

 

 

このあと負けた梁山パートにうつりますが、とにかく最後まで加藤劇場でした。

勝った相手をとにかく称え、怪我を隠してる碇屋には、若干間違った優しさ

を見せます。

それから聖蹟のロッカールームへ。

いきなり入ってきて自分たちのチームの感想を尋ね、

 

 

まさかの自慢。からの

「とても勉強になりましたぁ!ありがとう聖蹟!」

という挨拶と共に聖蹟を精一杯たたえます。

全国ではまだまだ強豪ではない、聖蹟メンバー達に対して、勉強になったと、

自分たちのチームを誇ると共に、この言葉ですよ。

 

かっこよすぎるでしょこのおじさん人!

 

味方に対しても、相手に対しても一切ブレない姿勢。

こんなおっさんいたら、アンダー世代どころか、A代表のキャプテンも向こう10年は安泰

でしょう。初顔合わせの時の、見るからにヒール感はなんだったのでしょうか。

 

この姿には水樹も思わずこの一言です。

 

彼以外のメンバーも、マルコとマネージャーのやり取りは、意外と見ない表現で良かった

ですし、碇屋もまた、最後まで全くブレなかったですね。あーだこーだとぶつかってた

監督とのやり取りが、ちゃんと区切りついたのも良かったです。

 

それにしても、今まで色んな漫画で見てきた敗退選手の中で、加藤が一番カッコよかった

んじゃないかと思います。それぐらいイイキャラと引き際でした。

 

スポンサーリンク

 下馬評は・・

 

生方が退院し、チームに合流。いまのご時世、娘が部活関連のことで入院したとあって、

母親が揉めそうになりますが、帰ってきた聖蹟メンバーにもみくちゃにされて楽しそうな

娘の姿を見て、軟化。この時の見開きの画は凄く良かったですね。

このあとにも何度も出てきますが、聖蹟はみんなキャラが立っていて、それが1枚絵だったり

三段落ちだったりに出てきても、ちゃんと「らしさ」が出てるのが面白いです。

特に良く出てるのが、このあと風間妹が梁山戦を神編集で、ダイジェスト映像を仕上げてくる

のですが、

みんならしさ出てますねー。特に臼井がツボでした。

 

そしてようやく来栖は聖蹟での確固たる地位を掴んだようですね。

 

ツッコミとしての。

 

というか普通にキレッキレで面白い。

 

ここまでは、和やかな聖蹟パートでいいのですが、問題はここから。

どこを見ても、誰が予想しても、聖蹟有利という流れ。

どうしても山王戦のあと、嘘のようにボロ負けした湘北を連想してしまいます。

 

それに対戦相手、音羽の守護神、砂山もいいキャラしてます。

たかが高校サッカー、自分の本業は代表はプロ入り後であると、心に言い聞かせよう

としてるのに、出てくる言葉は、絶対優勝してやるという意思と鼓舞という、

 

高度なツンデレスタイルです。

 

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

 

とにかく、試合が進むに連れてどんどん魅力が増していった加藤が、

試合後に遂にピークを迎えました。

この漫画は、他にない魅力あふれるキャラがどんどん出てきますね。今までは水樹が

ダントツでしたが、ここにきて加藤が急上昇してきてます。もうスタンド解説枠になるとは

思いますが。

アニメで絶対見たいキャラです。声は是非大塚芳忠さんで。

 

聖蹟の方は、どの漫画でも、日常パートでこそキャラの個性の強さって発揮されると

思ってるのですが、やっぱりこの選手たちは見事に出てきています。

キャラがみんな強いと、番外編などが描かれやすいのが良いところだと思います。

というか外伝自体がそうですね。作者さんが違っても違和感があまりない。

 

しかし、本編に戻ると音羽戦を前にこの流れは不味いですよね。試合前に

有利有利言われてたチームが敗北するのはスポーツ漫画の常ですが、どうなるかに

よって大きく今後のDAYSが変わりそうです。ここにきて1年2年が目立っているのは

2年目への布石という気も少ししますし、GKも音羽戦で、猪原から今帰仁に変わって

ますしね。前述したスラムダンクのように終わる、という可能性もありえます。

クルトワ1人に苦戦する代表チームのように、下馬評と違い、大苦戦するのは間違いないと

思いますが、ちょっと先が読みづらくなってきました。

 

29巻の感想へ

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました