[ネタバレ]聖ニコラオスのエピソードを気になって調べてみた「中村光/聖☆おにいさん 15巻」あらすじと感想

前巻へ

 終末までにはムキムキに

15巻は、いつにも増してイエス一色の巻でした。

中でも2エピソード、1つ目はこちら

なんだこれ

カラーページ使って何をやってるんだという扉絵です。

もはや十字架を武器にして戦ってそうな姿ですが、

今回は、前巻登場のロキさん(IKEA勤務)に触発されて、

アベンジャーズに入るために、トレーニングジムに通うことに

したイエス達の話です。

イエスって度々自分の弱々しさをコンプレックスに感じたり、

ブッダに心配されたりしますが、ナヨナヨっぽさがなくなる

と大抵ヤバイことになりますよね。過去にも

こういのあったし。

話は戻り、個人的に、一般人が利用する施設にイエス達が来るエピソードが

凄く好きで、そこで必ず起こる「アンジャッシュコント状態」が

本当面白いんですよね。

今回もイエスと利用者双方の勘違いが炸裂します。

この手前のガチムチさんとの、止まらないすれ違い

コミュニケーションが抜群に面白いです。

このあと何だかんだあって、勘違いがエスカレートしすぎた

イエスが凄い姿になるのですが必見。

 本物のサンタのガチ謝罪

毎回のようにやってる気がするクリスマスエピソードですが、

今回は天部まで介入してきます。

結局またしてもサプライズは大失敗しますが、

天使たちが東映の番組制作に介入していたり、天部が立川中の

クリスマスケーキを買い占めていたりと、どんどん権力が

暴走しているさまが恐ろしかったです。

まぁバンド組むために外界のレジェンドを早逝させるような

人たちですからね・・。

このエピソードの中で1つ気になったのが、

サンタのモデルとなった「聖ニコラオス」が、

貧しい子供の家に金貨を投げ込んだ逸話。

その続きを調べてみると結構面白いです。

聖ニコラオスが、ある日近所の貧しい3姉妹が、お金のために

娼婦にならなければならないことを知り、窓から投げ入れた金貨が

たまたま暖炉のそばで乾かしてた靴下に入ったそうです。そこから

サンタが来る日は靴下を下げておく風習が生まれたとのこと。

そこから更に調べていくと、中村先生のもうひとつの連載中の

にも結びつくようなネタも沢山出てきて、

調べる手がなかなか止まらなくなります。

中村先生も、そういう感じで新しいエピソードのネタ探しを

してるのかもしれないなと思うと、更に調べる意欲が

湧いてきます(笑)

 まとめ

13巻くらいで正直ネタが切れてきてるんじゃないかと感じてましたが、

北欧神話メンや七福神メンの登場などで、少し巻き返してきた感?があります。

15巻は新キャラと言えるのは、過去に名前だけ挙がったカイン君とアベル君くらい

でしょうか、ブッダとイエスのお話が多かったですね。

その中でも、完全にハトに固定されてしまったイエスパパが、

着物を着て落語をする画のインパクトは凄い。

前は遠くから虹芸が中心だったのに、神の暇っぷりが際立った回でも

ありました。

オマケ

立川に稽古をつけてもらう立川市民。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする