[ネタバレ]A組バンド結成!Youtuberから文化祭を守れ!「堀越耕平/僕のヒーローアカデミア 19巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 文化祭

今回は、久々の全編日常回!

後半はバトルもありましたが、敵連合とは直接関係もなく、シナリオが進むという

わけではないので、身構えずに見れました。

前の巻で青山くんの不穏な行動で終わった続きから始まりますが、

青山くんは、ただ好意的な行動だったことで一安心。一応デクとの仲は深まった

ようですが、彼とコミュニケーションの取れるレベルが

「俺、お前、好き。俺たち、友達」って片言で話すような

人間でないキャラとの、ギリギリの意思疎通なのが気になるところ。

それでも今後の共闘は楽しみになりました。文化祭で早速発揮しそうですが。

そんな日常が続く中、久々の学校行事が!

それに対しての生徒たちの反応が

ガッポオオオイ!!

こんなワード前にあったっけ?と思って画像検索したら

なんか全然違うの出てきました。

どうやら今回初登場した新語のようです。

高校にはつき物の文化祭ですが、雄英では、体育祭とは違い、

ヒーロー科以外が主役のイベントで、A組のみんなは

祭を盛り上げる方に徹することに。

こういう何でもかんでもヒーロー科中心じゃないって設定が

凄く良いですよね。なので今回は度々、かつて共闘した発目が

出てきます。

出し物をどうするか、様々な意見が出つつ、峰田の、清々しいほどに、ヒーロー科の生徒の口

から出てはいけない直球の下ネタを避けつつ、生演奏とダンスに決定!

この生演奏のバンド構成が凄く面白くて

Vo.Ba ・・・耳郎

Gt1 ・・・上鳴

Gt2 ・・・常闇

Key ・・・八百万

Dr ・・・爆豪

何気にベースがヴォーカルってのも面白いし、爆豪がドラムなのも、

見た目のイメージにはぴったりだけど、出来ることが意外で良いですね。

他は演出班と、ダンス班に分かれ、デクはダンス班→演出班になりました。

 デク VS YOUTUBER

これで何事もなく無事に進まないのが、雄英高校。

ユーチューバーやってるおっさんが「侵入してみた」動画を上げるために、

侵入を試みますが、文化祭当日早朝、デクだけがいち早く気付き、バトルが勃発。

ユーチューバーって言っても、この人、基本的にマヌケばっかりで動画も

全く伸びてないのに、コンビニ強盗しようとした時に

かけつけたヒーローを大勢倒したり、実力は本物なんですよね。

デクと本気でぶつかりあっていくのですが、ここの演出、

着々と文化祭の準備が進む中、文化祭を中止させまいと高校の外で

戦い続けるデクとの同時進行構成が面白い。

おそらく最終的には、外で起こってたことは何も話さず合流すると

思うのですが、こういう展開凄く好きです!

前にも「世紀末リーダー伝たけし!」って漫画でも、似たような

構図の大好きなエピソードがあるのですが、それを

思い出してかなり盛り上がりました。

 まとめ

今回唯一登場した敵の、YOUTUBERのジェントルですが、結構ちゃんと設定作り込んで

あって面白いです。ヒロアカが日常メインの漫画だったら、度々登場しては撃退される、

ロケット団みたいな存在として、長く関わってきそうなくらい、魅力的な

人物だったと思います。カートゥーン辺りのアニメに出てきそうな助手の娘も含めて。

それから今回は初めて耳郎ちゃんの活躍回!戦いでは地味に良い働きをするような

役回りが多かったですが、音楽に関わるエピソードで遂にメインに!

次巻の予告を見ても、また更なる見せ場がありそうですし、

デクの戦いの方も、ジェントル達はどうなるのか、ストーリー本筋でなくても

十分に楽しく、次回が楽しみになる満足巻でした。

オマケ

ジェントル見た目老けすぎ!

20巻感想へ