スポンサーリンク

[ネタバレ]アジアカップ開幕!明らかになる持田と花森の誓い「ツジトモ/GIANT KILLING ジャイアントキリング 48巻」あらすじと感想

タイトルサ行
スポンサーリンク

前巻の感想へ

 

 大事な初戦

ウジウジモードからようやく解き放たれた椿ですが、今回はベンチぐらしでしたね。

 

日本代表、初戦のクウェート戦海外組は、ニセ長友城島以外全員ベンチ。

負けたらスポーツ紙とセルジオにめっちゃ叩かれるパターンですが、

ブランのプランは見事に大的中。

 

海外組の危機感も煽って結果を出させ、4-0の最高のスタートです。

 

現実の代表も、初戦でこれだけのスタート切れたらどれだけ安心して見られるか(笑)

次のアジアカップ初戦も、勝てる相手のはずですが、苦戦しそうな気しかしません。

 

と、現実の事は置いておき、エース花森は、最後まで出してもらえなかったことで、

内心多少の動揺と試合への渇望を見せますが、そんな花森の気持ちを察したのは

同じ海外組の桐生でも、不自然きわまりない関西弁のアレックでもなく、まさかの椿

調整の紅白戦で、わざとキツイパスを出して目を覚まさせます。

このシーン、何気に今回のアジアカップ編において、重要な引き金的なシーン

なんじゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 持田との約束

 

2戦目も、椿はベンチスタート。逆に花森は当然のようにスタメン復帰。

試合は、ドン引きした相手をひたすら日本が攻めてもなかなかこじ開けられず、

時々パスミスを拾われてカウンター食らう。という

 

アジアカップやW杯予選でよく見る展開

 

とはならずに、花森の個人技からのオウン誘発で日本が開始10分で先制。

 

逆に日本先制で、引いていた相手が前掛かりになるという展開。

 

 

あくまでイメージですが、確かに早すぎる先制点の試合って

さすがに先制した方が勝つ率は高いと思いますが、

ゴールラッシュか?と思いきや意外とそのあと点が入らなくなるって

結構見る気がします。

 

そんなこんなで、更に自分へプレッシャーをかける花森が回想シーンに。

以前にも持田と花森の関係に関しては、説明も回想もありましたが、

持田の意外な野望が、明らかになります。

ここは、正直ずっと嫌いだった持田への自分の評価が変わった瞬間だったかな

と思います。

エゴイスト持田が一番に掲げていたのは、個人目標じゃなくて、日本代表を

強豪に引き上げることだったんですね。それも花森と自分を中心に。

 

そんな言葉が刺さっていたのか、知らずか、花森が異常に代表を背負おうと

していたのは、この事が理由なのかもしれませんね。

次巻ではそこにもうちょっと深く踏み込みそうです。

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

今回は

 

花森と椿

持田と花森

 

この2つに尽きますね。

ライバルとしては見てないけど、花森の実力を高く買っていた持田と

言葉が少なすぎて、何考えてるか分からない花森。

 

そして大外から、花森を理解出来る存在になるかもしれない椿。

 

今の代表の花森を、良くも悪くも作った持田が負傷して、代わりに入ってきた椿が、

新しい面を出させる展開を想像すると、かなり面白くなってきます。

 

おそらく今後の代表でのストーリー展開も、この二人を中心に描かれていきそうなので、

他の人達はモブとして見ていこうと思います。

椿の出場と活躍が楽しみです。夏木の活躍はあまり期待してません。

 

オマケ

 

 

もうこの人、ETU専属の解説員でいいんじゃない?

てくらいこの佇まいがしっくり来るようになってきたドリさんでした。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました