[ネタばれなし]男子必読!最強は誰だ、あの神とあの英雄がバトル!「原:梅村真也、画:アジチカ、構成:フクイタクミ/終末のワルキューレ 1巻」あらすじと登場人物

終末のワルキューレは、コミックゼノンで連載の、梅村先生、アジチカ先生、

フクイタクイミ先生による作品です。

梅村先生は、同誌にて「ちるらん」の原作も手がけている方で、名前のみで未登場ですが、

確実に出演が被るキャラクターがいるのが見どころの1つです。

今回「作画」を担当するアジチカ先生は、将国のアルタイルのスピンオフ作品

嶌国のスバル

を描いている方なので、画は期待出来るのではないでしょうか。

最後に構成を担当したフクイタクミ先生、自身で無双系漫画の傑作「百足―ムカデ―」を

描いていた方です。構成というのがどういった関わり方なのかは分かりませんが、あの漫画

のような豪快さが反映されてるかもしれません。

:追記

このマンガがすごい!2019にて、見事5位 獲得!おめでとうございます!

 あらすじと登場人物

あらすじ

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

登場人物

ブリュンヒルデ・・・北欧神話に登場するワルキューレの一人で、本作の「神VS人類」

の首謀者。一見すると美しく聡明な女性に見えるが、名だたる神々を前に、堂々と煽ったり

口が悪かったり、裏表のある人物。

ゼウス・・・ヴァルハラ評議会の議長を務める。立場ある神なのに煽り耐性ゼロで、独断で

ラグナロクの開催を了承した。

ゲル・・・まともな人(神)がひとりも出てこない本作において、唯一正しいリアクションを

する戦乙女。ツッコミ役への昇格が期待される。

 男なら誰もが通る”最強論争”を形に

ジョルノなのか、ラッキーマンなのか

沖田なのか斉藤なのか

メッシなのかクリロナなのか

男子なら必ず、上手いのはどっち、強いのはどっち、をスポーツ選手やキャラクターを

用いて主張し合った経験をしてるのではないでしょうか。

この作品はそれを漫画でやってみたという作品です。

経緯は、1000年に一度開催される、

神々の全体会議「ヴァルハラ評議会」からなのですが、

開幕2ページでいきなりクライマックス!

そして

決め方軽っ!Boo!て・・

そこらのクイズ番組みたいな決め方ですが、見る限り×しか見当たらず可決。

人類滅亡が決まる直前に、北欧神話の「ワルキューレ」の一人、ブリュンヒルデから、

人間VS神のタイマンバトル「ラグナロク」の提案と

純度100%の煽りで、煽り耐性0%の神々が乗る形で、

神々と人間の代表者、それぞれ13名の、1VS1での戦いが決定したのです。

ここの流れは、大掛かりなコントのようです。

結果、第1試合目は

トール対呂布!

呂布は三国志でお馴染みの、武力にステータスを全振りした、中国歴史上随一の猛将。

トールは、この読み方だと馴染みが薄いかもしれませんが、英語読みだと「ソー」です。

そう、マーベルでお馴染みのマイティ・ソー、その人です。

ですが当然、神と人間で普通にやったら、人間に勝ち目はありません。

サイタマとかいれば話は別ですが・・

ブリュンヒルデがある仕掛けを施すので、これによって両者は対等の

勝負になっているのです。

そして何より、1巻の終盤で登場する、それぞれの13名の顔ぶれが

実に面白い!!

単純に、戦での戦闘力の高いやつではなく、明らかにおかしいメンバーも

いますけど、それはそれでかなりの曲者なので、どう戦うのか予想出来ません。

 感想

まず話の魅せ方が上手い!と感じました。人間と神、両者の顔ぶれを見せてから

試合が始まるのではなく、まず1戦目が始まってから、1巻の終盤にようやく公開され、

2巻以降への期待を煽る。そして、顔ぶれは出しても、試合の組み合わせはまだ公開しない

という、小出しにしていく感じもまた絶妙。

試合も、両者の強者エピソードを交えながら、詳しくない人でもどういう人物だったかを

掴める方式に。

そして、登場人物みんなぶっ飛んでるのにツッコミがいないせいで、バトル外は常に

ボケの無法地帯

になっているのも、この漫画の面白い点です。

最後にもう1点、1巻での呂布の戦いには、桃園3兄弟や陳宮が観客席に

現れるなど、

その人物に縁のある人達も出てくるようです。

これも○○○のときは、○○○○が出てくるかも?などと妄想するのも

楽しみ方のひとつだと思います。

こいつらのクセもすごい

バキやマーベル作品好きはもちろん、

歴史もの好き、1VS1バトルもの好き、キャラの代わりにツッコミの好きな

人にはオススメな作品です。