[ネタバレ]フラグ立てに定評のある王翦軍第一武将「原泰久 / キングダム 51巻」あらすじと感想

前巻感想へ

 信VS堯雲

信がいよいよ、堯雲と直接バトル。前の巻で王騎将軍の槍の件で煽られた信が、

予想を超える戦いぶりを見せたため苦戦。

その間に、信以外の飛信隊の劣勢を覆すため、羌瘣が本気を見せます。

いつもの戦い方だと、すぐに呼吸法がダメになるので

休みの間、味方に守らせて省エネ戦法。

これが大戦果となり、結果的に李牧の策は失敗し、その日の戦いは幕を閉じます。

この場面、日没前に堯雲と羌瘣が対面しますが、死屍累々すぎて恐ろしいです。

基本的に、大将首は信に集中してましたが、そろそろ羌瘣も大将取り始めるかも

しれませんね。

 壁、汚名返上へ

飛信隊がなんとか持ちこたえる一方で、前巻やらかして顔芸を連発した壁は、

相変わらず絶望気味。

これを救ったのは楊端和。現代の芸能人のように、ほかの山の民の幹部勢から袋叩きに遭う

壁に再びチャンスを与えます。

山の民に課せられた任務は、犬戎軍の3兄弟を討ち取ること。壁はその一角を任せられます。

それに呼応してか、山の民の一般兵から、予想外に壁を後押しされる場面はジーンときます。

壁は腹をくくり、奇策など使わずあくまで基本戦術で挑み、

結果、先に仕掛けた敵の攻撃を見事防ぎます。

蒙驁将軍のいない今、変人・脳筋・奇策だらけの秦軍において、彼のような存在は本当

貴重ですね。

再び場面は変わり、今度は亜光軍と馬南慈軍。

一見すると、鉄壁すぎる亜光軍の守りですが、李牧がそのカラクリを見抜いて、

馬南慈と堯雲を向かわせます。

そしてここで亜光が痛恨の被突破フラグ。

側近の虞寧が堯雲に倒され、亜光が2人に挟まれて、正に

絶対絶命というシーンで終わり。

 まとめ

信と堯雲は決着つかず。どうせならここで王騎の矛で一蹴して欲しかったですが、彼にも

まだ出番が。

久々の羌瘣無双は爽快で、羌瘣軍は彼女の戦い方をよく理解してサポートしてるのが

頼もしい限りですね。羌瘣軍は着々と力をつけてきています。

飛信隊新人軍団もなんとか生き残ってるものが多数。

壁は前の巻までが不遇すぎたので、この巻で少しは取り戻せたかと思います。でもやっぱり

地味な取り戻し方ですが(笑)

山の民はこれから佳境だし、次の巻が一番の山場になりそうです。

そして変化といえば、信が本格的に恨まれる立場になったということで、こちらも次の巻で

楽嬰との決戦が来そうです。今後は、かつて倒した将軍の弟子やら部下やらによる攻撃を

秦軍の1人としてではなく、飛信隊の信として受ける機会が増えていきそうです。それだけ

大きな存在になりつつあるんですね。

最後に、最後のコマ、亜光がピンチすぎて逆に同士討ち状態になりかねない構図ですが、

ここまでピンチだと逆に助かりそうな気がします。

さすがに今後の重要人物である王翦が幹部2人も失うのも危ないですし。

王翦といえば、この巻は静かどころか、全く出てこなかったのも不気味。

どこかのタイミングでいきなり登場して大逆転という展開もありえそう。

それまでの各将には死なずに耐えていってもらいたいです。