[ネタバレ]衝撃の展開、全編まともなテニスをする奇跡の巻「許斐剛/新テニスの王子様 24巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

前の巻では、ほとんどコートにすら入らず、スパイ活動をしていた日本代表勢ですが、

今回事件が起こります。

なんと

普通のテニスをします。

もちろん、一般的なテニスとは違う次元ではありますが、これは事件ですよ。

ブラックホールも出ないし、擬態もしないし、爆肉鋼体もしません。

うーんまとも。

 白石覚醒

人間世界のテニス、最後の砦・白石蔵ノ介に、この漫画の行く末が託されました。

人外技は飛びさないものの、フランスとのダブルス戦は、

謎のポージング対決に。

WOW!!

FOOO!!

座ったぁーっ!!じゃねえよ

そんな中、そんな先輩たちに、プレー的にも、人としてもついていけない白石は、

新たな境地に達します。

その名は、「星の聖書(スターバイブル)

やたらカッコいいタイトルですが、要するに良くも悪くも平均的な白石が、

プレーごとに、スピードやパワー、知力のどこかに特化させることが出来るように

なったということらしいです。

ああ、チョッパーのあれみたいなものか。

↑あれ

どうやら個性派集団の四天宝寺にいたからこそ、発動出来るようになったみたいですが、

経緯も原理も不明です。

ですが、分身も観客席にふっ飛ばしたりもしないので、セーフです。

ギリギリ人間で踏みとどまった白石ですが、

この世界にしてはビックリするほど普通だった、相手の隠し玉もあり、

ここにきて、かなり初期の、リョーマ左利きでしたみたいな隠し玉

人間がこの世界の高校生に勝てるはずもなく、

善戦むなしく白石ペアは敗退。次の毛利・柳ペアに託します。

 俺は許さない

同じ立海出身である、この2人には因縁があるようです。

あの柳が目まで開けて言うくらいだからよっぽどの理由かと思いきや、

幸村はテニスするためにリハビリ頑張ってたのに、毛利はテニスできるのにサボってたから

という理由で、一方的に柳たちが憎んでいたようです。

ここまで言われるほどなのか??幸村に直接汚い言葉をぶつけられたとかならまだしも。

案の定、この2人の確執は、毛利が幸村の病室に、そっとポカリを毎日置いていた事実

を柳が知っただけで解消されたようです。

一生許さない。とはなんだったのか・・・

 まとめ

超人たちによって駆逐されていった、人類の残された希望・白石が見事踏みとどまりました。

試合負けたけど。

たしけ先生も、前巻まで火遊びが過ぎたのを反省してか、柳たちも大人しく、

ダブルスに置ける左利きのポジションなど、至極真っ当なテニス知識が飛び交う異常事態。

それでも十分おかしなシーンは何回も出ているはずなのですが、もう感覚は麻痺している

ようです。

今回我慢した分、おそらく次回で爆発させると思われます。

特に対戦相手が明らかにクセがありそうなので。

最後に、今回バレンタインの結果報告があり、

総数453,697だそうです。

おそろしい・・。

23巻感想へ

25巻感想へ