[ネタバレ]メンバーが入れ替わっても脱いでいくスタイル「野田サトル/ゴールデンカムイ 15巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

前の巻では、網走監獄に突入し、監獄側と第7師団との戦いの混乱の中、

杉元によって、のっぺらぼうがアシリパの父だと分かったところで、

尾形とキロランケが裏切り、アシリパと白石を連れて逃亡。

その際に撃たれた杉元と、同行していたスケベマタギ谷垣は、第7師団に

囲われ、共に行動することに。

2つに分かれてしまった両陣営ともに、金塊のため樺太を目指すことに・・。

岩息舞治

前巻ラストでグズリの襲撃を受けた杉元たちですが、

圧倒的な戦闘力を前に倒すことは出来ずになんとか逃げ切ります。

逃げ切った先の集落で、アシリパ達の目撃情報を得ますが、

色々あってロシアの伝統競技「スチェンカ」に出ることに。

要するに複数人で同時スタートして殴り合いする格闘技みたいです。

ここで新たな情報。

このスチェンカには入れ墨囚人が参加しているとのこと。

どこかで見たような試合前煽りVも流れ、順調に勝ち上がる第7師団御一行。

そんな中、噂の入れ墨の男が姿を現します。


お 前 も か

男の名は岩息舞治。どんな名前やねん。

調べると、どうやらこの男が元ネタのようです。

マイケル・ピーターソン。

囚人で、地下ボクシングもやってたりした現在も服役中らしいです。

彼のエピソードも、刑務所の中で鍛えて筋トレ本を出版したり、漫画みたいに

ぶっ飛んだものばかりなので、是非見てみてください。

そんな男が元ネタの岩息。

当然網走組なので、この人も変態。

特殊なドM。

しかし結局殴り合いでは勝てず、杉元が正気を失ってバーサーカー化したり

またグズリが現れたりしてるうちに・・

またこの展開かよ!

ホ○ネタに磨きがかかってきたゴールデンカムイは、

攻め手を緩めません。

こんな展開にさすがの谷垣も


知らんがな。

謎の一体感が生まれた漢たちは、岩息の入れ墨を入手するのは諦め、

写しのみにして、彼は逃がすことに。

あとでまた登場することはあるのでしょうか。

 月島軍曹

杉元達がアホな友情を育んでる間に、

アシリパ達は、ウイルクの故郷に。

キロランケと尾形の2人は、アシリパさんの中にカギがあり、

この旅の中でそれを掘り出そうとしているようです。

場面はさらに変わって、鶴見中尉たちの様子。病院には
出てくる度に体のどこかが無くなっていく

二階堂の姿が。

顔出した!じゃないよ

杉元が生存してることを聞かされてない二階堂は

ふさぎ込んでるようですが、もはや完全にただのペット枠です。

この後の一連のコントな流れが酷すぎて笑ってしまいます。

その流れから唐突な真面目回想。

月島がロシア語が話せる経緯や、鶴見中尉との信頼関係の

分かるエピソード。

やっぱり、頭吹っ飛ぶ前の鶴見中尉はめっちゃイケメンですね。

最期は、吹っ飛んだ後でも最高にかっこいい中尉の1ページ画で終了。

 まとめ

目まぐるしい展開と、核心へ迫っていった前巻とは違い、今回は

ゴールデンカムイにおける日常巻に近かったかなと思います。

野獣との戦闘、入れ墨変態との戦闘、ホ○展開、グルメパート。

二手に分かれても、意外と両陣営ともいつもどおり。

月島の回想がありましたが、鶴見中尉が更に深掘りされて魅力が増した感じ。

今は杉元達は鶴見中尉達側になっていますが、最終的にどういう構図になっていくか、

という観点では今後が楽しみですね。

個人的には、杉元-アシリパ-白石-谷垣は、同じところにいてほしいです。