[ネタバレ]大きく変わった現代と謎の新キャラで更に深まる謎「東元俊哉 / テセウスの船 5巻」あらすじと感想

前の巻では、佐野と共に真犯人を見つけていく流れで、金丸によって

逮捕されてしまい、なんとかすぐ釈放されますが、

佐野に自分のことと、未来では佐野が犯人として存在していたことを

明かしたことで、決別し、村を出たところで現代へ。

ところが、飛んだ現代は、心が暮らしてきた現代ではなく、大きく改変された

未来だったというところまででした。

 岸田由紀

由紀と結婚していない現代で、心は由紀と再会しますが、

彼女からすれば初対面。

完全に怪しい人です。

しかし由紀も由紀で、何故か心に興味を持っている様子。

由紀の父が警察に通報するという懸命な判断もあり、心は撤退。

心が昔の思い出にふけっていると、翌日まさかの由紀の訪問。

何かを期待して、心がドアを開けると

雑誌記者でした。しかも雑誌の名前からして、ろくでも無さそうなところ。

彼女が興味を持っていたのは、自身が佐野の取材をしていて、その息子のインタビュー

を取りたかっただけ。

怒った心は彼女を追い返します。

再びこの世界線での自分の生い立ちなどを整理していると、箱に入った大量の封筒が。

これはひどい

確実に当時の犯人が送りつけてきています。

しかし、さほど動じず、床に全部並べてみる心もかなりのメンタル。

一つ一つ見ていると、再び由紀が現れます。

なんと彼女は取材の過程で、佐野と接触した事があり、

彼が札幌拘置所にいることが判明。

心は彼に会うため、拘置所へと向かいます。

 佐野との再会

拘置所に付くと、いつの間にか手続を済ませていたため、意外とあっさり会えることに。

佐野の第一声は「心さん・・いや正義か?」

これに対し、心は「はい」と返事。

これで、一度飛んだ過去から地続きの現代に来ている事が確定しましたね。

それにしても、事件があったことで封印した正義の名で問われて、返事をする心も、

「出て行け」と冷たく突き放したものの、自分の息子・正義だと認めて話し掛ける佐野も、

この再会の瞬間に、お互いのわだかまりが溶けたという、

この作品の現時点での1番の名シーンだったんじゃないかと思います。

ずっと佐野、佐野と呼んでいた心が、ここから父さんと呼ぶようになります。

ようやく打ち解けた佐野は、これまでの出来事を話します。

心が消えた直後、前の巻で心を逮捕した金丸が死んだこと、

悲劇の舞台であったお泊まり会の開催自体を阻止しようとしたが予定通り

開催されたこと。

そして1日ずれて事件は起こり、自宅にいつの間にか入れられていた青酸カリが

証拠となり、逮捕され現代に至ることが語られました。

そして最後に、姉の鈴に子供が生まれることを伝えられます。

このシーンの最後、また犯人の録音視点が入り、お泊まり会の様子を影で

見つめる佐々木紀子の姿が・・・。

 佐野鈴

滞在中のネカフェに戻り、毒混入事件を調べる心。

そこで、事件の被害者が変わっていることに気づきます。前回死んでいた人物が

助かり、逆にその代わりに死ぬ人もおり、それでも人数は21人のまま。

変わらない人数には何か意味があるのでしょうか。

父に教えてもらった住所を頼りに、鈴を探す心。家にはいなかったものの、道で再会を

果たします。しかしその姿は、成長とかそういう次元ではなく別人に。

姉は、犯人の娘、真犯人疑惑から逃れるためか、整形をしていました。

ぎこちない2人は会話もあまり続かず、連絡先を交換して帰宅。

鈴の方は、謎の車椅子の男と暮らしているようです。

というかヒゲは生えてるし口調も男なのですが、なんか顔立ちが女性的すぎて

違和感。特に意味はないのか、何かの伏線なのか。

どうやら2人は内縁状態のようですが、節々に男の束縛からなのか、DV気味

な雰囲気。ここはまた一荒れありそうです。

もう一度鈴と会った心は、心中に至る母の事の顛末を聞かされます。

最初は懸命に夫を信じ耐えていた母も、度重なる迫害と、娘への悪質すぎる

イジメなどで精神を病み、最終的には変わり果ててしまっていたのでした。

 まとめ

今回は謎解きや、解明よりも、佐野家に何が起きていたかのドラマ要素の

強い巻でした。見落としていなければ。犯人に近づく大きな手がかりなどは

なかったかなと思います。

一つ進展があったといえば、

○過去・現在にわたっての佐々木の行動

は謎が残り、最後に佐野の無実を証明したいと申し出て来ているようで、

ますます立場のわからない人物です。

大きなポイントの一つは、

心が戻った未来は、一度行った過去の延長線上の未来だったということ。

まだこの現代パートは続きそうですが、仮にまた過去に飛ぶことが

あったら、そこから未来に行くとまた別の世界線へと変わっていくのでしょうか。

あと5巻まで来て感じたのは、前回まで私は心の空回りっぷりを嘆いてましたが、

そもそもこの作品って推理ヲタクも、(制御可能な)特殊能力者もいない、

言うなれば凡人がイカれた犯人に挑む感じになってるんですよね。佐野も、

拘置所から犯人につながる的確なアドバイスをくれるわけでもない。

そういう目線で見ると、いかに困難な事に挑んでるのかが感じられて、また違った印象を

受けるようにもなりました。

最後に、今回も禍々しい感じの次巻予告だったんですが、その中で

「奴らは死んだ21人の目玉だ」

「(先に死んだ3人足して)毒で死んでいった24人の目玉だ」

って言葉がありますが、これって二十四の瞳になぞらえてるんですかね?

今回は発見できた謎や伏線があまりにも少なかったので、今後見つけたら

載せていきます。何か発見あった方がいたら是非教えてください。

←4巻感想へ

6巻感想へ→