[ネタバレあり]すでに十傑クラス!君下劇場が開幕!「安田剛士/DAYS 29巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

前の巻では、遂に梁山を倒した聖蹟。ナンバー1強豪を倒したことで、

下馬評は一気に聖蹟一色となり、まるで楽勝ムードに。

でも勿論、そんな2校に差はなく、梁山・加藤が熱く押すのは、対戦相手の

日本代表GK・砂山。彼は代表遠征ばかりで、あまり絡むことがありませんでしたが、

よりによってこの局面でチームメイトと一致団結した、音羽。

不穏な空気のまま、準々決勝がいま始まるというところまででした。

 ビジョンのズレ

自分たちへの勝ち予想が多いことで、油断するようなチームでは全くない聖蹟ですが、

それとは全く違うところで、ズレが生じます。

ビジョンのズレ。

他チームと比べて、チーム1人ひとりの成長の度合いが段違いな聖蹟は、それによって

水樹をはじめ、「もっとこうできる」「もっとあーできる」という伸びしろを、それぞれが

別の部分で感じてしまっているために、プレーの選択がズレて、結果パスミスになったり、

マークの受け渡しを間違ってしまうという事態に。

この辺はリアルな感じがあっていいですね。それぞれが成長しても、それがそのまま

次の試合でチームの成長に直結しないという状況。

しかしこの事態を早くもまとめたのはこの男。

君下。彼らしいですね。言ってる相手、先輩の灰原なんですけどね。

 聖蹟のサッカーの心臓が君下だ

君下が、バラバラになりかけたチームのリズムを取り戻すことで、

徐々に攻撃がハマりはじめる聖蹟。

更に君下がサイドに開いて、抜群の精度を活かしたクロスを上げつつ、

その空いたタスクを、つくしと来須で埋めるという理想的な状況。

もちろん手数は増えていきますが、

立ちはだかる砂山の壁。

ドンピシャクロス上げても、

PKもらっても、

そのこぼれ球に反応しても

砂山の壁。

↑の画は今回の音羽戦でも1番彼の強さを現していますよね。

こんなん相手に決められる気しません。

今回のメイン解説枠の、加藤おじさんも

この絶賛ぷりです。

持ち上げるだけ持ち上げるこの展開・・、

待ち受けていたのは

君下のFK

猪原が更にフラグのスパイスを加えた結果、

決まります。しかも利き足ではない左足で。

凄すぎますね。体格や身体能力に恵まれなかった君下の

このシーンでの言葉は、同じ境遇でサッカー目指してる人を、

勇気づけられるものになってます。

このプレーで、十傑も認めるところまできました。

FKが勝負の決め手となり、聖蹟が準決勝進出。

そして、その準決勝の相手が決まる

桜高VS青函の試合の火蓋が切って落とされます。

 まとめ

意外にもあっさり、音羽に勝利しちゃいました。

砂山1人との勝負状態なのは予想通りですが、梁山戦と比べてもあっさりとした

幕切れ。

試合自体は君下の独壇場でしたね。十傑たちに認められたことで、次の試合はより

厳しい試合になると思います。

そんな次の試合の相手を決める試合が、次巻でかなりクローズアップされて

描かれそうです。

試合前からして、主人公チームのいない対戦カードとは思えない盛り上げ方です。

↑この2人、チームメイトへのアプローチの仕方が真逆なんですよね。

でもどっちが不正解とかなく、どっちも味方を鼓舞出来ているという面白さ。

それだけ魅力的なキャラがいるってことでもありますし、古くはスラムダンクの

陵南VS海南、近年だと黒バスの海常VS桐皇とか、ハイキューの梟谷VS音駒とか、

ちゃんと描かれるこの手の試合は、当たりが多いです。

どれもサッカーではないですが・・。

過去に聖蹟とも対戦もしてる2校、犬童と平のバトルは凄く楽しみですね。

30巻感想へ