[ネタバレ]え、完結?暴走列車は空の彼方へ「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 5巻(最終巻)」あらすじと感想

前巻の感想へ

前の巻では、シュラヴァに再会したものの、グラシュを殺すことしか

頭にないアクウは、シュリがさらわれている事も気にかけず、

集落カンパクス・エンゲンを統治するサダム・アッサシにグラシュの

情報を得るためにワンパン決めたのでした。

自分で書いてても意味がわかりませんハイ。

 白い暴君へ

瞬殺されたサダム・アッサシは、アクウに自分の知るグラシュの

情報を話すために、友好談話家(ハナスハウス)へ。

なんだこれ。

ていうかこいつら、思いの外お互いに年齢近いなっ!

ということでまだ懲りてない作者は、あからさまな番組ネタを

放り込んできますが、

毎コマ毎コマ、左上しつこいな!

なんやかんやで気付けば、少年時代の目に戻っているアクウは、

サダムから聞いたグラシュの手がかりの地「白い暴君」へ向かうことに。

シュリとシュラヴァに戻る約束をし、イーピンと共に旅立ちますが、

訪れた先々で、怪物から人々を助けてわ進むという、ドラクエみたいなストーリーが

編集でほぼカットされながら進行。

そして遂に白い暴君に。

途中でイーピンは置いていき、1人で登頂に挑んだアクウですが、雪山に挑むような

格好ではないので、当然遭難。

しかし、命からがら遂に望んでいたグラシュと対面。

 グラシュ・ロス

やっと出会えたものの、瀕死のアクウは、グラシュと共に死のうと雪崩を

起こしますが、本体は生還。しかし、アクウもミニグラシュの腹の中で

雪崩を回避し、食事も得るという、エイリアンみたいな戦法で生還。

肉食っただけで全回復という、麦わらの海賊みたいなアクウですが、

一度置いていかれたイーピンが、シュラヴァ達を引き連れて合流。

打ち切りに向けた露骨なページ稼ぎを披露しますが、

彼らはほぼ蚊帳の外。

何故アクウが脱いだのかはサッパリ分かりませんが、

ここから遂に最終決戦、

途中解説陣による、よく分からないネタをはさみますが、

1巻以来のまともで壮絶なバトルが展開。

ここは素直に迫力がありましたね。

大怪我をしながらも遂にグラシュを討ち取る事に成功したアクウ。

待っていたのは、

幸せなキスをして終了・・・ではなく、

最低なシモネタでした。

ここで再び、現代に話が戻りますが、そこにはドラえもん並に、あからさまな

主要人物たちの子孫達の姿。

しかし、その中にシュリとアクウの子孫らしき人物はいません。

また原始時代に話は戻り、出産間近のシュリとアクウ。

別描写では、親をアクウに殺されたグラシュの子供が。

この対比が続く中、アクウの子供が生まれた瞬間、別の地では

グラシュが復讐に燃えているというシーンで完結。

 まとめ

いやーなんとか完結したって感じですね。

ルビやパロディなど歯止めの効かない暴走が続く中、

主題は何故か順調に進んでいくという異様な世界観のまま最後まで。

最期はかなり含みを持たせた終わり方でしたが、

まぁ続きが描かれることはないでしょう。

途中小ネタはねじ込んできたものの、グラシュとのバトルは

良かったですね。他が酷すぎて余計映えて見えた説は否定しませんが。

最終巻に来て、ルビネタはさすがに自粛したのか、作者が飽きたのか

定かではありませんが、ここで引っ込めたのも英断だと思います。

アクションシーンは、神さまの言うとおり時代から良かっただけに、

通してそこを十分に生かせなかったのは残念です。

最終巻ですが特にあとがき等もないため、これまでの意図を知る術もまた

ありませんが、この2人が再びコンビを組んで漫画を描く時は、

一応注目しておきたいです。