スポンサーリンク

[ネタバレ]ゴミ捨て場の決戦開幕!嫌い合ってる奴らの顔じゃない「古舘春一/ハイキュー!!34巻」あらすじと感想

部活
スポンサーリンク

 

33巻では、優勝候補の一つ、稲荷崎を倒し、次は遂に実現した、

音駒との「ゴミ捨て場の決戦」

はじまりは、一見攻撃力の烏野に見えたものの、

互角なスタートを切りました。

 

 黒尾さんに勝とうなんてまさか!そんな!

序盤は、攻撃の烏野、守備の音駒という構図で展開しますが、

ここでこの二人

 

この煽り合いです。月島の煽り耐性は最高ですね。

烏野は日向田中影山東峰と煽り耐性低そうな奴らだらけ(東峰は凹む方向に)

だけに、この人の存在の頼もしさったらありません。

そしてこの発言。

 

 

月島の山口への信頼抜群!

そして信頼に答えてサービスエースを決める山口。

 

ていうか、

 

 

序盤から(見せ場的に)飛ばしすぎでは?

 

月島のこの試合のピークここで出しちゃうのかと思うくらいの

名言やシーンの大放出です。

 

更に稲荷崎戦で覚醒した影山は相変わらずの仕上がり。

 

かなり烏野寄りの流れですが、流れとか感情とかすごくどうでもいいと

思ってるあの人が、このまま大人しくしてるわけがありません。

 

こわいこわいこわい

 

スポンサーリンク

 

 こいつらがきらいだ

影山のプレーを見て、研磨は

彼らしい発言ですね。

ここから音駒の反撃が少しずつ、少しずつ始まっていきます。

対応力が半端ない音駒守備は、烏野の爆発的な攻撃力に対応し始めます。

 

個人的にはここからの1プレーがこの巻のベスト。

東峰との怒涛の攻防戦の末、なんとかギリギリ東峰が制しますが、

そのあとのこのコマ。

 

 

きらいあってる奴らの顔じゃない!(笑)

左上や右下に笑ってないのもいますが

 

すでに試合も合宿も共にしてる者同士だけに、前の実力、今の実力、この試合の

中で伸びる実力を把握しているだけに、お互い初見の稲荷崎戦とは全然違う雰囲気に

なってます。

 

この直後、研磨が攻める烏野を手玉に取るプレーを見せ、

更に次は影山と日向がそれに対抗するというところでこの巻は終了。

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

1セット目から、こんなに詰め込んだ接戦にして大丈夫なのでしょうか?(笑)

このテンションで最期までいくと、6巻くらいは使いそうな勢いに思いました。

 

それだけ序盤の月島&山口VS黒尾のバトルは、見応えがありましたし、

東峰VS音駒守備も白熱、会場にいてすらいない天童の解説も熱い。

 

でも、音駒はまだリエーフは全然活躍してきてないし、研磨もここから本領発揮し出す

ところでしょうし、試合としての引き出しは、まだ全然開けてない状態ですね。

田中の2Pカラーの山本も、まだ妹ちゃんしか目立ってません。

 

むしろ烏野側の方がどんどん序盤から出し過ぎてるので、今後が読めないですね。

今後活躍していくのは、今回そこまで目立たなかった西谷や、田中なのか、

菅原たち控えメンバーなのか。

 

いずれにせよ、良い意味でこの試合はかなり長くなりそうです。

 

オマケ:空きページに誤植例があって、日向のスパイクをレシーブしたものの

長くなりすぎたシーンなのですが、

夜久のキャラが崩壊する前に直ってよかったです。

 

←33巻感想へ

35巻感想へ→

 

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました