[ネタバレ]今回の犯人はジャニーズ好き?美肌志向におばさんに無罪大受験生「船津紳平/金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 4巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

今回ピックアップされた事件は3つ

○魔術列車殺人事件

○魔神遺跡殺人事件

○首吊り学園殺人事件

前巻から予告されていた、地獄の傀儡師、高遠がいよいよ登場です。

 ハメ技じゃないか

金田一少年の事件簿に登場する犯人の中でも人気のある

高遠の犯人視点ですが、原作既読の人の間では、すでに予想されていましたが、

地味

この事件ってトリックも彼の演技のこなし方も、苦労感とか頑張ってる感が

全然なくて、そもそも高遠という人物が、立ち振舞がスマートすぎてギャグキャラに

しにくいんですよね。そういう意味で、前回明智を完全に道化にしたのは流石だなと

先生を讃えたいですが、高遠は難しい!

本人ですらこれですもの。

それでも金田一が、毎度のおっちょこちょい行動で、

結果的に犯人絞ってしまうことに対して

ハメ技じゃないか・・

と消沈するシーンや、底なし沼から生還しちゃうシーンへの

ツッコミはキレも力もあって面白いです。

巻末で作者も嘆いていた通り、出版側から希望に合わせて何とか形にした

といったところでしょうか。

 堂本剛くんに激似・・!

なんとか傀儡子を乗り越えてからは、平常運転に回帰。

冒頭からこれです。

ある意味根っからの犯人の高遠とのギャップが凄いです。

そして、終始おばちゃんキャラを生かした展開を

徹底していきます。

中でもこの場面

メタすぎる・・。

ある意味、実写化されていない事件の犯人だからこそ、許されるネタですね。

更に畳み掛けたぶっこみがエゲつない。

予期せぬ事故が、見立て殺人に繋がってしまったシーンの

おばちゃんの狼狽ぶりも、犯人が分からない状態で進んでいく原作では

全く気づかない要素なので、こういうとこを拾っていくのは

この作品の大きな魅力の一つです。

 無罪大学、落ちてた・・

この巻、最後の犯人はある意味高遠以上の大物、

金田一にわざと推理をさせ、間違った答えを出させて

犯人として、あぶり出されるどころか、金田一に自分を守って

もらった、塾講師の浅野。

彼女のキャラは塾講師だけあって、自分が受験生スタンス。

犯人偏差値を上げるべく、徹夜で犯罪の勉強をし、

金田一を完全犯罪大学に、自身は無罪大学に入るための戦いが始まります。

何のために殺したんだっけ?

冒頭2コマだけで、以降全く言及されない、浅野の犯行動機を

うっかり忘れてしまいそうな、ぶっ飛び方です。

でも実際、この人の凄さが分かります。

そのまま伝えたら、金田一レベルの洞察力なら怪しまれることも、

わざとちょこっとだけヒントを小出しにして、自分の出してほしい解答を

金田一に意図的に出させるという、

指導者として世界を目指せるレベルです。

もちろん結局金田一に真相を見抜かれてしまいますが、

今までで一番凄いことをしてのけた人と言っていいでしょう。

金田一が、容疑者全員に自分が作ったテストを解かせ

答え合わせ形式で犯人を追い詰めるところでの

「謎解きをエンターテイメントにしてくる・・」

という言葉は、この話に限らない金田一謎解きパートに対しての

ナイスな指摘だったと思います。

 まとめ

やはり魔術列車は中々厳しい内容となりましたが、それでも

やれることはやったというところ。周りならツッコミどころ多そうですが、

高遠視点だと厳しい。そもそも考え方が一般人を超越してて尚且

人間的な弱点が少ない人は、主役にしづらいという事を学んだ気がしました。

でもそれ以外の2エピソードは、いつもの犯人視点。大いに楽しめました。

まだまだ引き出しはありそうです。

有罪大学生が次のエピソードのネタバレをしますが、あの事件だと、

すでに犯人視点に登場済の「アノ人」によく似た人が出ます。

あれがどうなのか、先生はどういう解釈にするのか非常に楽しみですね。

そういえば2巻で彼だけは・・・

オマケ

鈴木杏とか上野樹里とか川口春奈には似てないようです。