スポンサーリンク

[ネタバレ]衝撃のラスト!覚醒した下平が敵も味方も変える「荒達哉/ハリガネサービス 23巻」感想

部活
スポンサーリンク

前巻の感想へ

 

 下平無双

呪いから解き放たれ、完全に覚醒した下平が最強でしたね。

初期の下平のサーブって、その一発で決める、正にピンチサーバー

らしい一撃でしたが、それがより戦術的になり、羽座川のレシーブ地獄を

破れないことで、相手に決めさせないためになり、

23巻では、ある種の集大成、サーブ撃つ位置、強さ、種類によって、

その先の展開を読み、思い通りに操るという、最強のハリガネサービスの

片鱗が見えた形だっと思います。

某漫画なら才気煥発の極みみたいなものでしょうか。

まだギリギリ人間世界の間にいる、下平に対しては悪例かもしれませんが、

とにかく手のつけられない能力です。

 

 

スポンサーリンク

 

 鴛淵の退場

一方で、呪いは解かれるわ、前巻で感謝されるわで最悪な状況の鴛淵。

また回想が入りますが、彼の言ってることはごもっともすぎるんですよね。

 

ずっとぞんざいに扱われていた息子と母であれば、元凶の父親が

自分たちのことは何も語らずに

テレビで「自分変わりました」みたいなことを、いくら本当だとしても

美談みたいに話されたら、怒りと憎悪は膨らんでしまうと思います。

 

 

結局プッツンした鴛淵は退場しますが、これがむしろ駿天堂の雰囲気が

変わるきっかけになったのは意外。

 

正確には、梧塔の懲罰交代からですが、独裁者の監督の命令を無視し出して

本気で豊瀬とぶつかり始める駿天堂。

ヒールのまま終わるかと思いきや、最後はかなり白熱した内容に

なっていきそうです。

というか、鴛淵って独裁者パパの元を去って、彼を否定するために入った先が

独裁者監督って鰐淵はどうなんだろう・・。

彼にもこの試合中に救いはあるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 羽座川の記憶

遂に羽座川が人間に・・人間に戻りました(涙)

どうやら記憶が戻ったようですね。

黒髪を生贄に捧げた代わりに・・。

その演出の仕方も最高でした。

 

誰もついていけていなかった、羽座がワールドに

下平が入門することで、彼の閉ざされた世界が

開くというのは、予想外。

てっきり、顔面に大船の100%スパイクをぶつけて、

事故の時のような物理的なショックを与えるのかと・・。

 

途中で、あれ、羽座川はこのまま放置?かと

思いましたが、

ちゃんと彼も救われたのが本当に良かったです。

彼の過去回のときも書きましたが、

人生悲惨すぎますから。

 

スポンサーリンク

 

 今後の展開

後輩からの信頼の厚い梧塔の懲罰交代で、完全に監督との間に溝が出来た

駿天堂ですが、むしろプラスに働きそうです。

更に白羽座川の目覚め。

こうなってくると試合が見えないですね。

 

元に戻った羽座川は、どういう選手になるのか。そのままレシーブ力は

保ったままなのか、それとも本来の性格とポジション通りにアタッカーに

なるのか。少なくとも独裁者監督とは意見は合わなそうです(笑)

 

あのままなら確実にファイナルセットにいきましたが、ここにきて

相手校がハツラツとしてくるのは危ないです。

豊瀬側も、下平だけじゃなく他のメンバーもノッてこないと

この年の豊瀬は完結してしまいそうです。

 

全ては、白羽座川と、下平以外のメンバー次第になっていくでしょう。

 

24巻感想へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました