[おすすめ] 1巻から謎の大放出。考察の捗る期待作「石黒正数 / 天国大魔境」感想

天国大魔境 は、石黒正数先生による、アフタヌーンにて連載の作品です。

石黒先生といえば、アニメ化もして、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も

受賞している「それでも町は廻っている」

でお馴染みの実績ある先生。

今作は、まだ1巻までしか出ていなかったにも関わらず、

『このマンガがすごい!2019』オトコ編1位を獲得。

それ自体も異例ですが、何よりこの作品にとっての1巻の位置づけで、

獲得していることが凄いことです。

例えば、1話完結のギャグ漫画であれば、ある程度作品の

方向性が見えて、それがそのまま評価につながります。

他にも、1巻が完全な作品のイントロダクション、プロローグ

を成している、図書館の大魔術師や乙女ゲームの破滅フラグ~

のような作品もあります。

ですが、今作の1巻は、とにかく謎が多いです。

しかも全部が謎というわけではなく、細かくヒントを盛り込みつつ、

謎をこれでもかと撃ちまくっているので、1巻だけでも考える余地が

沢山ある仕上がりになっています。

結果、1巻では基本的にほとんど何も分かりません

それにも関わらず、オトコ編1位を受賞しているのだから、それだけ

多くの人の、今後への期待度が高いということです。

 登場人物

トキオ・・・壁の中で暮らす少年。外の世界に興味を持っている。

マル・・・外の世界に暮らす少年。ある目的を持って旅しているが、素性は謎。

他の人にない不思議な能力を持っている。トキオによく似ている。

キルコ・・・仕事としてマルに同行している少女。マル同様、壁の中にそっくりな

人物がいる。過去に秘密がある模様。

 考察が捗るストーリー

導入でも書きましたが、謎が多い分、考察が楽しい作品です。

1巻だけでも、今後のカギや展開が沢山。

しかもそれらは、具体的な会話の中で明らかになっていくだけで

なく、登場人物たちの日常会話や、彼らが歩く風景などから

読み取れるものも多く、適当に本筋だけを読んでいたら、

気づけません。

そうしたセリフや、情景から考察していくと、

世界が広がっていき、

20世紀少年を読み始めた時のワクワク感が蘇ってきます。

考察系マンガの醍醐味ですね。

本筋も、約束のネバーランドのような、限定された環境での謎解き要素、

荒れた土地での冒険、未知の敵とのバトルなど、謎は散りばめっつ、

色々な方向への可能性も広がっていきます。

すでに積極的に動いている外の2人と比べ、壁の中はまだ動きが少ない

ので中のトキオを中心とした動き、これも次巻以降に期待がかかります。

普段は1巻は、紹介のみでネタバレ要素は書きませんが、

今回は1巻の考察を、別記事で書こうと思います。

それだけ色々考えて表現したくなる、見ごたえのある作品です。