[ネタバレ]遂にゲーム本編に突入!斜め上の思考がストーリーをかき乱す!「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった 2巻」あらすじと感想

前巻の感想へ

 魔法学園入学

幼少時代からスタートしたこの物語も、

遂に、ゲーム「FORTUNE LOVER」本編の学園編へ。

もうすでに、かなり本編とは違う人間関係になっているように

思えますが、相変わらず鈍感な主人公・カタリナは、ビビりまくり。

恒例の脳内会議では、

「ゲーム主人公のマリア対策はどうするか?」

というテーマの元、議論が展開されますが、

結論:畑を作る

という、いつも通りのわけの分からない方向へ。

そして、自分を好きでいてくれる男たちの気持ちを

思い込みで踏みにじっていくスタイル

違う意味で罪な女ですね。

この巻では他にも、水面下でカタリナの取り合いが何回も

発生しますが、本人はもちろん全く気づかず。

構図的に「私がモテてどうすんだ」みたいになってますが、

一人として、好意を持たれてることに気付いてない分、

こっちのが数段・たちが悪いです。

 ゲーム主人公・マリア登場

かなり出し惜しみされてきた、ゲーム本編の本来の主人公・マリアが

今回ついに登場。

これはカワイイですね。

そして彼女もまた例に漏れず、罪な天然女・カタリナに

惹かれていく一人に。

なんなら他の王子のイベントを無自覚に横取りして、マリアの

好感度を上げてる状態なので当然の状況。

今回はほぼマリアとの親交を深める回として、実家訪問するなど

家族ぐるみの付き合いまで発展しました。

 感想

相変わらず、良くも悪くも周りを振り回し、ざわつかせるカタリナですが、

マリアと意外とあっさり仲良しになりました。

なんかもうこの時点で、バッドエンドはほぼ回避してるんじゃないか?

とも思えます。

カタリナが普通にマリア側に付いている分、

いじめ役はそれ以外のMOBな貴族娘たちにシフトしてるし。

それにしても、

本来のゲームのキャラ設定や人間関係から逸脱して、

明らかに状況が変わってきてるのに、1巻からブレずに農民を

目指してるのはおもしろすぎます。

この巻でカタリナが成長した要素なんて

農業の知識

くらいですからね。

それでも楽しく読み続けられるのは、カタリナが

バッドエンド回避とか関係なく、底抜けにイイヤツだからなんですが。

多分この人の性格なら、色々策を弄しなくても、

自然にバッド回避してみんなと仲良くなれたんじゃないかと思います。

普通にしてても問題ない、だけど自分でそれに気付いてないから

色々小細工を重ねて一人で右往左往、試行錯誤してる姿がとにかく笑える。

そんな感じで次巻ですが、もう一人の初登場キャラ

シリウス・デューク生徒会長が、何やら怪しい雰囲気で。

闇が深そうだったり、隠し攻略キャラなのかも、な伏線が今回

貼られていたので、3巻で掘り下げるかもしれません。

今のところ、出てきたキャラは女子含めて全員、カタリナに魅了されているので、

生徒会長も同じ道をたどったら、最終的に男女キャラ全員のハーレムエンドとかいう

前代未聞な終わり方しそうな予感もしてきました。

彼女がどこで周りの気持ちに気づくか、あるいは気づかないか、異色な異世界転生で

展開が予想しづらいため、早く3巻が読みたいです。