スポンサーリンク

[ネタバレあり]試合はファイナルセットへ!意外な黒尾と研磨の過去「ハイキュー!!36巻」あらすじと感想

部活
スポンサーリンク

↑35巻ではカゴの中から研磨に見られてた日向が、外に飛び出して

対等な武器で対峙してますね。

 

 オープンという選択肢

前巻のラスト、研磨のカゴをぶっ壊したから解き放たれた日向の

スパイクは、定石を破って決まらず。稲荷崎戦の田中とかもそうですけど、

ドラマチックな展開を、やや反らすのに定評がありますよね古舘先生は。

なんでもセオリー通りに上手くいかないぞっていう展開。

 

とは言っても、次に再びきたオープンでのスパイクはきっちり決める日向。

これで、日向を使った攻撃は、速攻に限られていたものが限定解除され、

選択肢が増大。そのまま流れは烏野にいき、2セット目を取り、1-1のイーブン。

 

この間、敵校の控えだろうが、余すとこなく見せ場を作るハイキューによって、

ブロック要員だった犬岡も成長し、同じ1年の手白も天井サーブで見せ場。

 

前にも書いたかもしれませんが、ここまでちゃんと敵味方全員で試合描いてる

漫画って珍しいですよね。

 

スポンサーリンク

 

 黒尾と研磨

ファイナルセットに突入する前に、黒尾と研磨の回想。

 

ここでかなり意外だった、黒尾が人見知りで口下手という事実。

最初は研磨の方がお兄ちゃん(ただし無口)的にリードしてたってのが

意外すぎます。

1人でバレーボールクラブに入りづらくて、研磨が

一緒に来てくれたから、黒尾はメキメキと上達し、

性格も変わっていったんですね。

 

にしても極度の人見知りだったのが、とっつきにくい奴(某月○など)に

ガンガン絡んで、ガンガン煽る奴になるものなでしょうか(笑)

 

まぁそんなこんなで、研磨も、初めから黒尾が今の性格

だったら仲良くなってもいないし、

今の2人があるのはそれこそお互いがいたから、というのが

ストレートに伝わる回想でした。

 

ファイナルセットになっても、両者のテンションは全く落ちること無く、

特に、さっきのとっつきにくい某○島の、スパイクを決めてからの

会心の笑顔や、

レシーブに厳しいご意見番・海が認めた犬岡のレシーブ、

日向のワンタッチで落下地点が逸れた研磨の2アタックを、

かかとでレシーブする西谷のシーンは最高に熱かった。

 

そして極め付けは、

→研磨の絶妙アシストの黒尾スパイク

→西谷根性でレシーブ

→日向のフェイント

→研磨が読む

→が、日向はそれも読んでプッシュして研磨取れず

たーのしー

 

の流れは、今までハイキュー読んできた中でも、屈指の1プレーだった

と思います。少なくとも全国編では1番。

 

スポンサーリンク

 感想

 

熱い、熱すぎる戦い。

 

それぞれに好シーン、好プレーがあり、

中でも日向の、音駒にではなく、研磨に勝ちたいという気迫

からの36巻のラストプレーは鳥肌ものでした。

ここまで心を揺さぶる、

ボロボロに果ててる少年の1ページ1枚絵は

かつてあったでしょうか(笑)

それほどに、研磨と、その後の黒尾の表情は最高でした。

 

あと、椿原戦がちゃんと伏線になってたのも驚き。

 

各選手のバックボーンで盛り上げるシーンが、これまで

何度もありますが、今回はそれにほぼ頼らない、

試合の展開のみで盛り上げられる内容。

今回のラストプレーでは完全に日向に軍配が上がりましたが、

研磨の逆襲やいかに、どういう結末になるのかが

更に楽しみになってきました。

 

←35巻感想へ

37巻感想へ→

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました