[ネタバレあり]2セット目で研磨のトラップ発動!追い込まれた烏野「ハイキュー!!35巻」あらすじと感想

  鳥かごの中の烏

1セット目を制したのは音駒、セットカウント0-1で

2セット目へ突入しました。

1セット目を落としてしまった烏野を見て、

不安にかられた谷地さんに、木兎たちが

先のことより、今を見てと助言するんですが、

この子、やはりクレイジー。

言葉の選び方も、感覚も、一般的な女子マネポジな子

から逸脱してるのが良いですよね。

1セット目を取られても、迷わず殴り合い上等で

いく烏野ですが、要の日向が封じられ始めます。

もちろんこれは研磨の謀略で、日向の助走する動線を

塞ぐために西谷までレシーブさせる位置を調整する

という徹底ぶり。

というかこのシーンの研磨の言葉、

もはや熟練の顧問が、生徒たちにかける言葉でしょう(笑)

異世界転生とかしたら軍師になれそうです。

そりゃあ純真無垢なリエーフが

「研磨さん怖いです」と素直な感想も述べますよ。

その直後の、ハイキューならではの

この表現!素晴らしい。分かりやすく研磨の理想とする

戦い方が現れています。表紙にもなってる部分です。

と同時に、それはそれでつまらなそうにする

ところも、彼の良さであり怖い部分でもあると思います。

要は、自分の思い通りになりそうでならない

ギリギリのラインが一番楽しいってことなんですかね?

黒尾の「お前は本当にめんどくさいな」という言葉も

うなずけます。

 烏はカゴを破って・・

ここまでの間、ほぼ影山の心中描写が無かった

のですが、ここから彼のパートに。

そして同時に試合の流れが一気に変わります。

意外な[ad]ほど、研磨の謀略を見抜いていて、その上で

評価しながらも打開策を模索していた影山が

出した1手は

オープン

速攻のみだった日向の攻撃は、これによって

新しい境地へ。

研磨が周到に用意した鳥かごは、

それを上回る2人の一歩によって崩壊しました。

それにしても、最後に日向が跳ぶシーン、

「小さな巨人」を意識した、かなり力の入ったシーン

なんで、いつかなるアニメでどうなるか、興味あります。

めちゃめちゃカッコいい。

 まとめ

研磨の日向封じが炸裂した回でした。

まだまだ音駒優勢が大半を占めましたが、

最後の最後に新しい動きが。

あえて、音駒の思い通りに事が運んでる間は、

日向も影山も、あまり心情を書かなかった

ことで、展開自体は研磨の計画通りだったものの、

2人の考え方は、研磨の狙い通りに行ってなかった

ことが、終盤に明らかになってそのままの流れで

終わるという、にくい演出でした。

36巻では、烏野優勢の流れで進み、2セット目は

取るでしょうから、一番面白くなるのはやはり

最終セットになりそうです。

あんまり目立ってないリエーフがすごく不気味ですが、

試合前の雰囲気通り、研磨VS日向が中心で進んでいくでしょうか。

まだまだ冷静さを保ってる研磨が、日向によって

最後に違う部分を見せるのか、その辺りが楽しみです。

←34巻感想へ

36巻感想へ→