スポンサーリンク

[ネタバレあり]一条の前に世界目線の男が立ちはだかる!「BE BLUES!~青になれ~ 35巻」あらすじと感想

部活
スポンサーリンク

 

  あらすじ

 

レッズユースとの試合、

一条達にとっては立彦との初めての対戦。

桜庭にとっては古巣との戦い。

今回は完全にレッズのターン。

荻本が守備面でも、組み立て面でも

存在感を見せます。

荻本はこの試合で何度も一条と

マッチアップしますが、一条に世界を

感じたり、前巻では通訳を通さず

ミルコと会話しようとしたり、

目が完全に世界を向いています。

 

「国内モード」

 

とか言っちゃってます。

 

そして立彦も、チームメイトだった頃

とは比べ物にならない、完全なエース格に。

ナベケンがスーパーセーブしますが、

何度も決定機を作られてしまいます。

 

一方で武蒼側は、優斗と桜庭が奮戦。

立彦が一条ラブなため、嫉妬の炎に

燃える三石を相手に善戦。

桜庭も自分の持ち味だけでなく、

泥臭いダイビングヘッドまで披露し、

かつてのレッズのチームメイト達が

総ポカーン。

ジュニアユースからではなく、

ユースから合流した三石だけその

空気が理解できない構図。

 

スラムダンクで桜木が初めて

合宿シュート決めて、桜木の試合

見た人だけが驚嘆してるあの構図に

似てます。

 

しかしそんな桜庭も、世界モードの

荻本の鬼気迫るディフェンスに沈黙、

パスに逃げてしまう状態。

 

一条にいたっては、荻本にほぼ沈黙

させられており、まだほとんど活躍

出来てません。

 

更に三石が本気モードに途中して

ナベケンと1VS1になったところで

次巻へ。

 

スポンサーリンク

 

 感想

 

この試合は、立彦と一条たち、

レッズと桜庭の構図中心で

描かれると思ってましたが、

荻本が一条に影響を与えそうな

試合になる気がしてきました。

彼の世界目線の思考が、一条には

衝撃が多いようで、この対戦を

契機に、代表だけでなく

もしかしたら海外でのプレーも

視野に入れるのかも?

この作品、タイトルだけで

見ると代表になるところが

ゴール地点なのかなとも

思いますが、もう少し広がって

いくかもしれません。

そうなったら60巻くらいまで

いきそうでが・・(笑

 

立彦の成長度合いが半端ない!

アイデアもあるしシュート精度

もあるし、モチベーターと

しても優秀そうだし、予想以上に

強化されてました。

三石が心酔するのも分かります。

 

そして、あらすじでも触れた、

本人と対峙したことがある

ものだけにとって驚異的な

プレーっていう展開、

すごく好きです。選手として

賢くなった分、無鉄砲さが

減って荻本の強さをより痛感

したであろう桜庭。

彼がどう克服、対処していく

のかが楽しみですね。

やっぱり彼を軸にして見る

BE BLUESも面白いです。

 

スポンサーリンク

 

 今後の展望

レッズユースのターンが

ずっと続いています。

スポーツ漫画はターン制が

常なので、36巻では武蒼の

ターンがまわってくるかと

思いますが、立彦の成長と

世代最強CBの実力を知らしめ

代表と自分の差を認識させる

ための敗北もあるかもしれません。

いずれにせよ、一条にとっては

更に先を見る重要な転換期には

なっていくんじゃないかと。

 

いつかU代表編も描かれると

思いますが、立彦と一条の

再共演は見てみたいです。

 

スポンサーリンク

 

←34巻感想へ

36巻感想へ→

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました