スポンサーリンク

[ネタバレあり]立彦が異次元へ・・スコアがどんどん動くレッズ戦「BE BLUES!~青になれ~ 36巻」あらすじと感想

部活

あらすじ

レッズユースに苦しめられる

武蒼、前回の三石の個人技から

そのまま立彦に決められて

0-1

ハーフタイムに入り、荻本にも

封じられ、完全に

煮詰まった一条に対して

監督は一言「勝とうとするな」

 

これを聞いて一条は、ポジションを

一列下げ、荻本のゾーンの外へ。

しかしそれは逃げではなく、

むしろ正面向いて荻本と対峙する

ため。これによってあっという間に

意表をついて桜庭へスルーパスし

桜庭がシンプルに決めて同点。

 

この1プレーで一条は荻本の脅威に。

桜庭はただの独善ドリブラーから

ストライカーへ。

尚も武蒼の猛攻は続きます。

しかし、してやられた荻本は、

武蒼を強者と素直に認め、

猛攻にもビビらず、百戦錬磨の

メンタルを発揮。

その後の千載一遇の好機の

カウンターを立彦がありえない

ドライブボレーを決めて

1-2

再びリードされる状況に。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

チームの中でも一段回上の

プレーを見せるようになってる

一条もいいですが、桜庭が

ずっとカッコいい回でした。

ゴールを決めた場面も良いですが

今までメンタル面で足を引っ張ったり

軋轢を生んでいた桜庭が、いつも

みんなを鼓舞していた一条を逆に

叱咤するという構図も見ていて

清々しいですし、もはや一条より

主役らしくなってきてます。

 

そして立彦はちょっと異次元

すぎますね。

ていうかこんなプレー出来たら

それだけでトップチームどころか

海外すら行けるんじゃないかと

思うので、正直これを出来るように

するには早すぎる気もしました。

おそらく一条たちを更に焦らす

布石でしょう。

 

それから荻本ですが、彼の

若者離れした冷静さは凄いですね。

点取られてからボッコボコに攻め

られ出して、ギリッギリで何とか

失点を逃れている時間帯が続くの

ですが、普通なら「このままだと

決められる・・」って方向に

気持ちはいきがちなのに、逆に

荻本は「でも決められてない」

という思考展開をしていて、

メンタル面はすでにユース

レベルを逸脱してますね。

味方なら最高に頼もしい

選手です。

 

相変わらず壁を超えたら

また次の瞬間に壁が現れる

ことに定評のあるBEBLUES

ですが、今回も荻本と戦える

ようになったと思ったら、自身の

完成形を目の前で立彦に

見せられるという、またしても

進化の余韻に浸らせてくれない

シナリオですが、ここからまた

一条と桜庭のステップアップが

加速していくことを願います。

 

スポンサーリンク

 

今後の予想

おそらく試合は負けるでしょう。

あのスーパーゴールを見せられて

そこから意地は見せて

追いついてドロー決着とかでは

新たな壁がぼや~としてしまいます。

 

そして、次巻予告にあった、立彦

からの衝撃の報せはおそらく、

トップ昇格あるいはA代表招集では

ないかと思います。おそらく前者。

立彦が自分たちのいるステップより

物理的に上に行き置いてかれるのは

間違いないと思います。

それに対して一条たちがどう自分達を

スキルアップさせていくか、

個人的にはそろそろ一条と桜庭が

U代表に選ばれて合宿に参加する

という展開も見てみたいです。

一条が前回合宿までいったのは

あくまで高校選抜ですし。

 

新たな壁の具体化で、また

ストーリーの舞台が動きそうです。

 

←35巻感想へ

37巻感想へ→

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました