[ネタバレあり] おじさんハーレム展開に新キャラ追加か?「異世界おじさん 3巻」あらすじと感想

スポンサーリンク

あらすじ

前回の異世界回想からの続きで、

メイベルが元々は日本つまり現世

から来た一族の子孫だということが

わかりました。

今回はその経緯を説明していく回

のはずでしたが、ツンデレエルフが

話をぶったぎり、氷の一族の祖先が

初めて異世界に来た時の話も中断。

彼女は振り回され系だけじゃなく、

積極的な天然ボケも使えるんですね。

 

結局、この世界には異世界もの定番の、

飛ばされた時にもらえるスキル・道具

があったらしいことは分かりました。

おじさんも実は、スキルとして

異世界語を理解できるようになって

いたようです。

そしてこの世界の神は駄女神とか

そういうのを通り越して、もう転移者

の相手するのも飽きてるみたいで、

おじさんの扱いがひどすぎました。

 

過酷過ぎる環境で、今の強靭なメンタルを

身につけていたおじさんの悲惨エピソード

が語られる中、エルフとの出会いも。

殺される寸前のところをおじさんが

助けてるのですが、どうやらおじさんの

魔力は最初にもらった翻訳スキルで、

精霊と話せるようになったからのよう

です。

 

そして今回は他に2つの進展が。

1つ目は、2巻で仲間になる寸前におじさんに

記憶を消されたパーティーの魔道士の子が実は

勇者だったということ。

 

 

 

単発で終わるキャラだと思っていたので意外な

展開です。

 

2つ目は、藤宮の、姉とは逆進化をした弟が

登場したことで、タカフミとの仲が少し進展

したことです。

藤宮家の血筋は、昆虫と同じなのかという

くらい見た目が変異するようで、藤宮が

幼少期ブサイクだったのと逆に弟は、

タカフミが知っていた頃、可愛らしかった

のに、小学生にあがったらまるで別人に

なっていました。そのせいで予想外の

NTR展開に発展しかけたのですが、

こうなってくると両親とかも見たくなり

ます。

 

結局今回は、エルフとメイベル2人が

おじさんに付きまとうハーレム展開の

始まりと、現世ではタカフミと藤宮の

関係が展開するという

2手のラブコメ展開でした。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

巨大ハリネズミとの対話シーンの

ように、ギャグは相変わらず冴えて

いますが、1巻の頃とだいぶ雰囲気が

変わってきました。

 

最初は異世界と現世のギャップに

一喜一憂するおじさんの様が

メインでしたが、先生の女の子を描く画力

の高さを活かしてか、ラブコメ要素の方が

中心になってきました。もちろんエルフ

とメイベルの方に関してはおそらくずっと

一方通行が続くと思いますが、表紙に

なっていることも踏まえると、そこに

勇者(アリシア)も追加される気がします。

 

2人とはかなりタイプも違いますし、そう

なると2人同様にラッキースケベ展開も

出てくると思うので、アリシアタイプが

好きな人には4巻は待望だと思います。

 

現世側は、藤宮のNTR展開がかなり

生々しくて、最初は驚きましたが、この

漫画らしく勘違いだったので安心はした

ものの、多分この先生はそういう作品を

描いてもかなり上手いんじゃないかと

思わせるリアルな作り方でした。

今後の殆ど死んでいる先生のNTR作品に

乞うご期待です。

 

あとおじさんの能力の高さの理由が

ギャグ漫画と思えないほどしっかり

していましたね。

普通の異世界ものなら標準装備して

いる翻訳スキルが、特別なスキルで

そのスキルを使うことで精霊の加護

を得るというのは新しい発想かなと

思いました。

 

毎度少しずつ主軸が変わりながらも

メインキャラの立ち位置は変えずに

変遷していくのが新鮮で、設定オチ

で終わらずに飽きさせない作品に

なっていると思わせる3巻の展開でした。

 

しかし藤宮の弟があの見た目で

小4はヤバすぎる・・

 

スポンサーリンク

 

今後の展開

 

やはり4巻はアリシアが主軸になって

くるんじゃないでしょうか。

多分ヒロイン系の新キャラの登場は

無いかなと思います。

現世側は千秋とおじさんでyoutubeの

動画関連のエピソードがあるかなという

くらいで、大きな展開はまだ来ないと

予想します。

 

 

←2巻感想へ

4巻感想へ→

おすすめ異世界作品一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました