[雑記] 群青戦記が実写映画化。注目したいポイントは

 

 

群青戦記の実写映画化が発表されました。

記事にある通り、新田真剣佑さんが主演とのこと。

 

昔は小説ばかりだったのが、近年歴史モノの

映画が漫画原作が増えてきています。

中国史ですがキングダム、TVドラマからの

スタートですが信長協奏曲などなど。

 

私は歴史漫画大好き人間なので、この流れは

嬉しいです。洋画・アニメと比べて邦画自体が

映画界で存在感が弱くなってきているご時世、

日本人にしか作れない、日本史を舞台にした

作品はもっと突き詰めていくべきだし、史実

ものは増やしていくべきだと思ってます。

 

邦画がどんどん出していかないと、近年は

空海、製作が決まってる弥助など、海外発の

日本史作品も出てきているから危ないと思います。

壮大アクションでは分が悪いかもしれませんが、

今週観た「決算!忠臣蔵」みたいな作品は、海外

では100%間違いなく作れないものなので、

今の日本史漫画映画の流れを応援していきたいです。

 

 

作品に話を戻すと、群青戦記ってタイトルから

非常に分かりづらいですが、内容的には異世界転移

ものに凄くよく似てます。

特に今期やってる「超人高校生たちは異世界でも

余裕で生き抜くようです」に近いです。

 

高校の校舎ごと戦国時代に飛んだ、超スポーツ

強豪校の生徒たちが、それぞれの得意分野を

生かして、戦国時代を戦い抜くストーリーなので

大作ものとしてはとても相性いいと思います。

下手くそな作り手だとB級感漂う雰囲気になりそう

でもありますが、表現に関しては本広監督ならある

程度期待していいかなとも思います。

 

ただ、気になるポイントはどこまでどう描くかです。

群青戦記は一応完結してはいますが、全17巻と長め

です。普通にやったらまず間違いなく2時間におさまり

ません。

でも今のところ、○部作という発表がないため、おそらく

単発です。

オマケに織田信長役が松山ケンイチと発表されています。

この信長、原作だとある理由で序盤はずっと置き物状態に

なってしまっていて、本格的に登場するのは結構終盤です。

序盤で終わるなら松山さんなんて配置するわけがないので、

おそらく最後まで描き切るはずです。

 

となると、かなりの部分が省略されていきます。

キャスティングの時点でも気になるのが、主人公の親友で

ある「松本考太」が発表の中になかったこと。かなり重要な

キャラだと思うのですが、それがいないとなると下手したら

彼の存在は闇に葬られます。

それを押しのけて家康に主役級の三浦春馬さんが当てられてる

のを見ても、結構なテコ入れがありそうです。

個人的には卓球部の戸田と、科学部の吉元は1番好きな2人

なので、彼らはちゃんと出てきてほしいですね。

 

全17巻を2時間にまとめる。非常に難しい作業ですが、

映画として良作になればいいと思うので、作品作りを

頑張っていただきたいです。

 

それから原作って最後は「一部完」って表現を使って

いますが、この映像化をきっかけに二部が始まったり

しないかと少しだけ期待してます。スラムダンクみたいに

永遠に二部が始まらない作品も多々あるので、本当に

少しだけですが・・・。

 

りかるど

コメント

タイトルとURLをコピーしました