[おすすめ漫画] 超初心者がVRMMOゲームをかき回す!「原:夕蜜柑 画:おいもとじろう/痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」作品紹介と感想

作品・作者に関して

「痛いのは嫌なので防御力に極振り

したいと思います(通称防振り」は、

小説家になろうサイトにて夕蜜柑先生に

よって連載されている小説で、

18年7月より月刊コンプエース

にて、作画をおいもとじろう先生が担当し

コミカライズ版の連載がスタートしました。

 

2020年冬期にはアニメ化も決まっています。

 

一見すると王道な異世界ものですが、正確には

VRMMOモノで、本人が異世界に飛ぶのではなく

あくまでVRゲームをプレーしているという設定の

作品です。ゲームきっかけの異世界ものは、

オーバーロードやライブダンジョン!などが

ありますが、これらはゲーム世界に飛ばされて

しまうものなので、その点では防振りは、

別ジャンルと言えます。

 

防御力で無双

 

防振りの最大の特徴はやはり、主人公が

防御力特化という点です。

 

主人公である本条楓(ゲーム内はメイプル)は

タイトル通り痛いのが嫌いなので、攻撃力や

素早さなど多数ある中で、全数値を防御力に

極振りしたおかげで、全く攻撃を受け付けない

体になっています。

 

そして彼女はゲーム初心者であるがゆえに、

まともなプレーヤーなら絶対やらない方法で

ゲームを進めていくため、様々なレアスキルを

獲得してさらに強くなっていくという流れです。

 

主人公メイプルはめちゃめちゃ大人しい子

なんですが、痛いのが嫌ってだけでゲーム内で

どんどん名声を高めていって、高難度クエストを

普通ではありえない戦い方でクリアしていくのが

見ていて新鮮で爽快なのです。

 

 

 

ゲームという舞台を生かした展開

 

もともと何でそんなに痛いのが嫌で

ゲーム初心者な女の子が参加してる

のかといえば、リア友の理沙(サリー

がゲーマーで、強引に誘われたからで、

基本は彼女との協力プレーになります。

 

 

そのサリーもまた、特化型の能力を身に

つけるので、メイプルや漫画自体の

雰囲気に反して、戦闘シーンは普通に

見応えがあって面白いです。

 

そしてこの作品のもう1つの特徴が

第3者視点です。舞台がゲームである

ため、メイプルの噂はSNSを通じて

ジワジワと広がっていきます。

 

彼女たちがゲームをしてない時間も

ゲームは進行してるし、その間も

SNSはどんどん盛り上がっいるのが

リアルで面白いです。

 

 

感想・まとめ

 

・主人公が防御力特化である点、

・あくまで舞台はゲームであり

それを活かしてる点

 

これがこの作品の魅力ですが、

それらを通しても言えるのが、

主人公メイプルの可愛さです。

とにかくアホ可愛いキャラで、

読んでいて癒やされます。

 

そのアホアホっぷりを、ゲーマーで

グイグイいっちゃうサリーが

カバーする形でバランスの良い

組み合わせなので、サクサク話が

進んで、ストレスも感じませんし、

前述もしたとおり、バトルは意外に

本格的です。

 

特に2巻からは無双も出来

なくなり、激闘になっていくので、

バトルシーンも醍醐味に加わって

いきます。

 

 

ゲーム運営の想定してないステータスの

振り方と攻略法でゲーム内をかき回して

いくメイプルとサリー。

この2人の冒険が面白い作品です。

 

 

 

おすすめ異世界漫画一覧

おすすめ異世界女子漫画一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました