[ネタバレあり] レジェンドの人生を変えた葦人の一言「アオアシ 30巻」感想

 

考える葦

エスペリオンのバンディエラ、司馬のサッカーに

少しずつ対応できるようになってきた青井、

今回より具体的に司馬の凄さを掘り下げていきます。

このシーンは衝撃を受けたのですが、何よりも

すごすぎると思ったのは司馬でも青井でもなく

小林先生です。

 

司馬のプレーの仕方を青井の推測と、司馬の答え、

そして絵で表現されているのですが、

これが全部論理的で具体的なのです。

 

全く見てない方向に的確なキラーパスを出したり

予測できない動き出しをするのを、時間の蓄積や

考える葦という表現を使い、それをより具体的に

プレー中にこの瞬間はこう、この瞬間はこう、と

解説を挟みながら説明し、更にはシャビという

サッカー好きなら誰でも知ってるレジェンドの

実際にあった実験結果を交え、いかに司馬という

男が高みにたどりついてるかを表現する一連の流れ、

 

分かりやすすぎます。

 

もっと言えば、「考える葦」って表現も、

元々は自然界において貧弱な人間を例えて使われた

表現なのに対し、もともとはずっとフィジカル難を

言われ続けてた、サッカー界において貧弱だった

司馬をその完成形としたこともセンスがありすぎる。

 

過去のシーンにも絡む、青井が目指すべき人間を

決めた重要な場面なので相当描き方には苦慮した

はずだと思いますが、本当に素晴らしい形でした。

 

小林先生はアオアシに限りませんが、その選手の

凄さ、そのシステムの凄さ、その料理の凄さ、

その撮り方の凄さなど、フォーカスを当てたい

部分の表現力は相当抜きん出てるように思います。

 

監督のセリフにもありますが、普通の漫画であったら

こういう選手の場合、色んな大舞台や場面での経験を

積み上げたベテランくらいで表し方が止まっていたと

思いますが、アオアシの場合は更に掘り下げて、それが

本能の域にまで昇華されてることや、他の選手たちとは

違うマインドでずっと戦ってきたことを表現する司馬の

回想シーンで表現できているのです。

 

天才・栗林が凡人に成り下がりかけた瞬間に司馬が止めて、

彼の進むべき道を指し示したシーンも鳥肌ものでしたね。

 

化け物レジェンドは司馬ですが、表現の化け物

間違いなく小林先生でした。

 

 

全盛期

ここまで司馬の凄さを表現してきた中で、

明らかに話の方向は「司馬の悔いなき引退」

に進んでいきそうで、多くの人はその展開を

予想したと思いましたが、

 

アオアシは違いました。

 

まだ完全に決めきってなかった引退を

決めて話しかけた青井に

 

「今が全盛期じゃないっすか」

 

とか何の曇りもない顔で言っちゃう青井。

もちろん彼はどれだけ司馬がこの日に

色んな思いを背負って出てきてたか

知りません。

 

そこから更に

「司馬さんはもっともっと上手くなる」

 

今の青井じゃないと言えないような言葉に

歪んでる司馬の顔がたまりません。

こんなことお世辞ではなく大真面目に

大ベテランに言う奴いません。

 

結局この青井の言葉に、1年悩みに悩んで

他のチームメイトや監督の言葉でもいっさい

変わらなかった司馬の決断が、

 

1年現役延長

 

に変わりました。まだユース生でしかない

少年が、元日本代表の大レジェンドの人生を

変えた瞬間です。

この大決断に青井だけ全くその意味の大きさを

理解しておらずキョトンとしてるのがたまらない

ですね。

 

この後の奥さんに引退延ばすことを告げるシーン

が感動なんですが、これも前もって子供たち含めて

もう1年続けて欲しいって思ってるけど、全ての

判断を司馬に任せてる奥さんの描写があってこそでした。

 

 

 

バルセロナ

 

青井と遊馬不在で獲った高円宮杯の特典で、

バルサユースとの試合があり、次回からは

その辺りの話が中心になっていきそうです。

おそらくその辺りがユース編の最後になって

それ以降はトップチームでの試合がメインに

なっていくんじゃないかと思っています。

更に前の巻から存在が出てきていた、

栗林のライバルのデミアン・カント。

なんか存在の出方が沢北っぽいですが、

おそらく別次元の選手として青井たちが

世界を意識する存在になっていく気が

しますが、 今一度改めてのバルセロナ

というクラブの解説含めて次巻も

興味深いです。

 

 

トップ練習参加編、感動のクライマックス!

 

 

←巻感想へ 巻感想へ→

 

コメント

ブログ主
りかるど

ブラジルのサンパウロ生まれ。5歳で日本へ。
小中高大卒業後、書籍業界へ就職。現在はフリーでブログ運営などネット中心に活動中。趣味は漫画、スポーツ観戦、音楽ライブ、お笑い等。

りかるどをフォローする
タイトルとURLをコピーしました