冒険

スポンサーリンク
冒険

[ネタバレ] 江渡貝くんを超える変態・姉畑登場!「野田サトル/ゴールデンカムイ 11巻」あらすじと感想

 月島という苦労人 前の巻で、大雪山の猛吹雪から逃れるために、鹿の死体の中に隠れていた 杉元一行。気づくと周りに熊さんがいっぱい。 それぞれその場から抜け出そうとする中、 なんか生まれ...
冒険

[ネタバレ] シズの教え子との遭遇、教師編突入?「伏瀬(原作)、川上泰樹(画)/転生したらスライムだった件 10巻」感想

 目的の書き換え 色々が落ち着き、ようやく夢に出てきた、シズの思い残しの 子たちを探していく旅へ、 国を離れ、久々に冒険がスタートしたリムルでしたが、 割と早く居留地を見つけちゃいました。 ○シ...
冒険

[ネタバレあり]更に広がる世界観、いま最も期待の正統派ファンタジー「泉光 / 図書館の大魔術師 2巻」感想

 より鮮明になった世界観 100点満点の導入パートだった、1巻から今回どう展開されていくか と思いましたが、見事な広げ方でした。 主人公シオは、司書の試験の会場のある地を目指す道中。 そこで本...
スポンサーリンク
冒険

[ネタバレ] 酒に果実にポーションに、今回はまるごと貿易回「伏瀬(原作)、川上泰樹(画)/転生したらスライムだった件 9巻」あらすじと感想

前巻の感想へ 前の巻では、サメを引き連れた大ボスとの戦いをミリムの活躍などで 撃退し、獣王国との不可侵契約を結び、更にテンペスト国との 交易も開始させそうな情勢。そんな中、リムルは長らく続いた 国家事業を離れ...
冒険

[おすすめ]主人公が無機物である故の、新しい視点の異世界物語「原:棚架ユウ、画:丸山朝ヲ / 転生したら剣でした」

転生したら剣でしたは、小説家になろうサイトに掲載された、棚架ユウ先生の作品が 原作で、あらすじにもある通り、第4回ネット小説大賞を受賞している作品の コミカライズです。作画担当の、丸山朝ヲ先生は、月刊少年ジャンプなどいく...
冒険

[ネタバレ]え、完結?暴走列車は空の彼方へ「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 5巻(最終巻)」あらすじと感想

前巻の感想へ 前の巻では、シュラヴァに再会したものの、グラシュを殺すことしか 頭にないアクウは、シュリがさらわれている事も気にかけず、 集落カンパクス・エンゲンを統治するサダム・アッサシにグラシュの 情報を得...
冒険

[ネタバレ]メンバーが入れ替わっても脱いでいくスタイル「野田サトル/ゴールデンカムイ 15巻」あらすじと感想

前巻の感想へ 前の巻では、網走監獄に突入し、監獄側と第7師団との戦いの混乱の中、 杉元によって、のっぺらぼうがアシリパの父だと分かったところで、 尾形とキロランケが裏切り、アシリパと白石を連れて逃亡。 その際に撃たれた杉元と、...
冒険

[ネタバレ]いくら暴走しても何故かブレない本筋ストーリー、衝撃の次巻予告「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 4巻」あらすじと感想

前巻の感想へ  ジュディ・オング 大怪鳥(オング)に脅かされている集落ミ・セラレテ。 集落からの討伐依頼に対して、アクウは興味なしも、イーピンは死んだエビーゾの妹の美貌に 釣られて快諾。アクウは強くなりたいと...
冒険

[ネタバレ]のっぺら坊の正体が明らかに!物語は新しい局面に「野田サトル/ゴールデンカムイ 14巻」あらすじと感想

前巻の感想へ  開戦! 網走編が佳境へ! 第7師団の突撃が開始されてから、 杉元達も散り散りになり、ニセのっぺら坊を連れて脱出。 その間にも、追い詰められた門倉が全房の開放をして囚人が全員外に出...
冒険

[ネタバレ]グラシュロス語に負けじと、ぶっ飛んできたのは本編「原:金城宗幸 画:藤村緋ニ/グラシュロス 3巻」あらすじと感想

前巻の感想へ 再会 それぞれの集落で成長していたシュラヴァとイーピン、そしてシュリ。 話は過去に戻り、それぞれの集落入りした経緯。 後の集落「イテコマ」の住人の謎の習性が明らかになります。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました